TOP > 映画作品を探す > スナックバー・ブダペスト

過去から逃れる様に海辺の町にやってきた元弁護士の巻き込まれるフィルム・ノワール調の事件を、幻想的で官能的な雰囲気の中に描く異色作。製作はジョヴァンニ・ベルトルッチガリアーノ・ユーソ、監督・脚本は「鍵」のティント・ブラス、原作はマルコ・ロドーリシルビア・ブレ、撮影はアレッシオ・ジェルシーニ、音楽はズッケロ・フォルナチャーリデイヴィッド・サンチアスが担当。出演はジャンカルロ・ジャンニーニフィリップ・レオタールほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

やくざの使い走りに身をやつす“先生”と呼ばれる元弁護士の男(ジャンカルロ・ジャンニーニ)は、情婦のミレナ(ラファエラ・バラッチ)の堕胎のため海辺の町に立ち寄る。旅館《スナックバー・ブダペスト》に宿を定めた彼はそこでボスの指令により町を仕切るモレコラ(フランソワ・ネグレ)のもとへ集金に出向くが、目の前に現れたのは16歳の怪しげな美少年だった。“先生”を一目見て気に入ったモレコラは町をラスベガスのような巨大な歓楽街に改造する計画に一枚加わらないかともちかけ、彼を娼婦たちを集めての盛大なダンス・パーティーに招待する。札束に目のくらんだ“先生”はやくざ仲間のサポ(フィリップ・レオタール)を呼びよせ、《ブダペスト》の乗っ取りをたくらむモレコラの言うままに、その手下パペラも加え経営者一家の追い立てに乗り込むが、その時“先生”を過去の忌まわしい記憶が襲う。経営者の妻はかつて彼が弁護士をやめる原因となった女だったのだ。血迷って逆にパペラを殺してしまった“先生”とサポは町の英雄のマラソン選手を迎える祭の花火の中、モレコラの手下の娼婦たちの銃撃にさらされるが、その囲みを抜けた“先生”は単身モレコラのもとに向かって彼を倒す。しかしその頃既にミレナはモレコラの手によって殺されていた。ミレナの亡骸を抱いた“先生”はサポと共にバイクに乗って悪夢のような夜の明けた町を出てゆく。

作品データ

原題 Snack Bar Budapest
製作年 1988年
製作国 イタリア フランス
配給 松竹富士
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > スナックバー・ブダペスト