映画-Movie Walker > 作品を探す > ブラック・ムーン

近未来の非現実的世界を『不思議の国のアリス』のように彷徨う少女の姿を、ほとんど台詞のないまま描く異色作。製作はクロード・ネジャール、監督・脚本は「五月のミル」のルイ・マル、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はディエゴ・マッソンが担当。出演はキャスリン・ハリソンほか。

2/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

どうやら女と男との間で戦争が行なわれているらしい非現実的な世界を彷徨ううちにリリー(キャスリン・ハリソン)は一軒の大きな館に入っていく。家の中には一人の老婆(テレーズ・ギーゼ)がいたが、リリーのことなど目に入らないかのように無線に聞き入っているかと思うと、今度は泣き出したりで、混乱したリリーの目の前で不思議な出来事が次々と起こっていく。家には他に双子のようによく似た姉(アレクサンドラ・スチュワルト)と兄(ジョー・ダレッサンドロ)がいたが、彼らもまたほとんど無言に近く、リリーのことなど構いもしない。庭にはいつも裸の子供たち、たくさんの動物たち、そして現れては消える一角獣の姿があった。初めて一角獣と話すことができた日の夜、「トリスタンとイゾルデ」を弾くリリーを様々な幻覚が襲う。すべては夢なのだろうか……。そして誰もいなくなった夜明けの部屋で彼女は運命を告げるかのような一角獣の姿を再び見る。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 Black Moon
製作年 1975年
製作国 フランス 西ドイツ
配給 ケイブルホーグ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ブラック・ムーン