TOP > 映画作品を探す > 15才の少女

ひとりの少年と彼の父親との間で揺れ動く15歳の少女のひと夏の体験を描くドラマ。製作・監督・脚本・主演は「イザベルの誘惑」のジャック・ドワイヨン、共同製作はヤニック・ベルナール、撮影はカロリーヌ・シャンペティエが担当。出演はほかにジュディット・ゴドレーシュメルヴィル・プポーなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

15歳の少女ジュリエット(ジュディット・ゴドレーシュ)は、他の誰にも、邪魔されずに愛を築こうと約束した14歳の少年トマ(メルヴィル・プポー)と夏を過ごすことをきめる。ふたりはトマの父ウィリー(ジャック・ドワイヨン)と共に、イザビ島でのヴァカンスを始めるが、ジュリエットにはウィリーが自分に注ぐ視線に耐えられないでいた。島に来て3日目、ウィリーはジュリエットに恋をした、と告げる。彼女はトマに、ウィリーを誘惑して最後には放り出す、というゲームを提案する。その夜ジュリエットはウィリーとキスをする。翌朝、3人の間には気まずい雰囲気が流れる。ジュリエットは、揺れる気持ちをウィリーに打ち開け、その夜、彼に抱かれた。やがて朝、ジュリエットはトマとの絆が永遠であることを確信し、ふたりだけで密かに島から旅立つ決意をするのだった。

作品データ

原題 La Fille De Quinze Ans
製作年 1989年
製作国 フランス
配給 俳優座シネマテン
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 15才の少女