TOP > 上映中の映画作品を探す > 罪深き天使たち

スーザン・ヒルの原作『僕はお城の王様』を基に、ふたりの孤独な少年の愛の葛藤を描くシリアス・ドラマ。製作はヤニック・ベルナール、監督・脚本は「悲しみのヴァイオリン」のレジス・ヴァルニエ、共同脚本はアラン・ル・アンリ、撮影はフランソワ・カトンネ、音楽はセルゲイ・プロコフィエフが担当。出演はジャン・ロシュフォールドミニク・ブランほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

'54年の夏。母を亡くした10歳の少年トマ(レジス・アルパン)の父ジャン・ブレオー(ジャン・ロシュフォール)は、夏休みの間ヴェルネ夫人(ドミニク・ブラン)を息子の世話役に雇うことにする。彼女の夫はインドシナ戦線に出征し、行方不明のままだったが、トマと同い年の息子シャルル(ダヴィッド・ベアール)がいた。ジャンと夫人は、ふたりの子供たちが仲良くなることを願うが、それぞれのプライドや、互いの親の愛を相手にとられることへの恐れから、ふたりは相手を憎みあう。そんな中、ヴェルネ夫人はジャンから愛を告白されるのだった。ある晩シャルルはお城を脱走しようとするが、トマにみつかり、彼は森に入るシャルルに嫌がらせでついてゆく。そして岩場で、トマは橋から川に落ち、意識不明になってしまう。一夜あけて遭難したふたりは発見され、看護される。その時子供たちは、ジャンとヴェルネ夫人の間に情が通じたことを感じとるのだった。これを当てこすった子供たちの寸劇をみたヴェルネ夫人は、傷つき城を後にする。しかし町に戻ったシャルルは、母とブレオー氏が互いを必要とし、愛しあっていることを知り、母と一緒に城へと向かう。こうしてジャンとヴェルネ夫人は結婚し、シャルルはひとり海へと旅立つのだった。

作品データ

原題 Je suis le seigneur du château
製作年 1989年
製作国 フランス イギリス
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 罪深き天使たち