TOP > 映画作品を探す > ジョーカー 復讐の切り札

ハンブルグを舞台に、社会の腐敗と陰謀を暴くために戦うひとりの刑事の姿を描く。監督・脚本はペーター・パザック、共同脚本はジョナサン・キャロル、撮影はイゴール・ルターディートリッヒ・ローマンが担当。主演はピーター・マフィーほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

エースと呼ばれる麻薬シンジケートのボスが、組織の金を横領した男女を殺害した事件を捜査するジャン(ピーター・マフィー)は、ある日恋人ダニエラ(ターニー・ウェルチ)の父サンティニの経営するレストランで、爆弾の暴発事件にあい、両足を麻痺してしまう。これはエースの仲間の仕業で、ジャンは車椅子にのり事件の容疑者プロパー(マイケル・ヨーク)とコンタクトをとる。実は彼もかつては警官で、腐敗した社会悪に立ち向かうため、この道を歩み始めたのだった。そしてジャンはエースに対抗してジョーカーと名乗り、彼を追いつめるのだった。一方ダニエラは、ジャンの足が快方に向かっているのに喜ぶが、翌朝彼女はエースの仲間に連れ去られる。麻薬取り引きのアジトに乗り込んだジョーカーは、激しい銃撃戦の末、エースを倒し、ダニエラを救出するが、その影で同僚アクセル(アーミン・ミューラー・スタール)が私腹を肥やしていることを知るのだった。

作品データ

原題 Joker
製作年 1986年
製作国 西ドイツ
配給 ジョイパックフィルム
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > ジョーカー 復讐の切り札