TOP > 上映中の映画作品を探す > マイ・レフトフット

重度の脳性小児麻痺に冒されたアイルランド人画家であり小説家であるクリスティ・ブラウンの半生を描く実話ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・ヘラースティーヴ・モリソン、製作はノエル・ピアソン。クリスティ・ブラウンの原作を基に、監督・脚本は本作品がデビューとなるジム・シェリダン、共同脚本はシェーン・コノートン、撮影はジャック・コンロィ、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演はダニエル・デイ・ルイス('89年アカデミー賞主演男優賞)、ブレンダ・フリッカー(同助演女優賞)ほか。

4/5
総評価数 11
レビュー 0
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (6)
星4つ 25% (2)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
8

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

チャリティ・コンサートのレセプションに出席したクリスティ・ブラウン(ダニエル・デイ・ルイス)は、看護婦のメリー・カー(ルース・マッケイブ)に、自作の『マイ・レフトフット』を読ませる--。'32年、アイルランドのダブリンの煉瓦職人ブラウン夫妻(レイ・マカナリー、ブレンダ・フリッカー)の10番目の子供として生まれたクリスティは、生まれながらに脳性小児麻痺に冒されていた。幼い頃のクリスティ(ヒュー・オコナー)は、ある日臨月を迎えた母が階段から落ちたことで、かろうじて動く左足で必死に扉を叩き、近所の人を呼ぶが、誰もクリスティのおかげと気づく者はいなかった。また別の日、兄弟たちが勉強する姿を見ていたクリスティは、左足にチョークをはさみ、文字を書いた。こうしてクリスティは、外の世界とふれあう手段を得たのだった。思春期のクリスティ(ダニエル・デイ・ルイス)は、遊び仲間の少女に恋をしたり、母から車椅子を買ってもらったりした。そして脳性小児麻痺の専門医アイリーン・コール(フィオナ・ショウ)と出会ったクリスティは、彼女の指導で言語能力と身体の機能を開発させてゆく。そしてクリスティの絵の個展の日、アイリーンは婚約していることを彼にうちあける。秘かに彼女を愛していたクリスティは、失意から自殺を企るが、不自由な身体ではうまくゆかなかった。'57年、父が死に、クリスティは自伝『マイ・レフトフット』を書き、ベストセラーになった--。この本を読んでクリスティの才能と真心に心揺さぶられたメリーは、やがて彼と結婚することになるのだった。

作品データ

原題 My Left Foot
製作年 1989年
製作国 イギリス
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

こだわりすぎて肺炎に!?名優ダニエル・デイ=ルイスが見せる徹底した役作り
こだわりすぎて肺炎に!?名優ダニエル・デイ=ルイスが見せる徹底した役作り(2018年6月9日 17:00)

洗練された美しい映像や音楽、きらびやかな高級ドレスに魅了される一方で、狂気にも似た恋の物語が観る者の心を深くえぐる『ファントム・スレッド』(公開中)。本作で完璧…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/19更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > マイ・レフトフット