映画-Movie Walker > 作品を探す > 揺れる大地

イタリア、シチリアのある漁民一家のたどる辛苦の日々をドキュメンタリー・タッチで描く。製作はサルヴォ・ダンジェロ、監督・原案はルキノ・ヴィスコンティ、ナレーション台本はヴィスコンティとアントニオ・ピエトランジェリの共同、撮影はG・R・アルドが担当。ナレーターはマリオ・ピス。出演はアントニオ・アルチディアコノほか。2017年1月21日より『ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年 没後40年メモリアル-イタリア・ネオレアリズモの軌跡-』としてデジタル修復版を上映(配給:アーク・フィルムズ、スターキャット)。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

シチリアの小さな漁村アーチ・トレッツァ。ヴァラストロ家の長男ウントーニ(アントニオ・アルチディアコノ)は常日頃、漁師たちが仲買人の不当な搾取にあって貧乏に甘んじているのに我慢できず、ある日の仲買人たちとの喧嘩をきっかけに、家を抵当に入れて銀行の融資をうけ、独立自営の漁を始めることにする。1か月後、鰯の大漁で一家には希望が満ちあふれた。ウントーニは恋人ネッダとの間に愛を育む一方、長女のマーラ(ネッルッチャ・ジャムモーナ)に思いを寄せる左官のニコラ(ニコラ・カストリーナ)にとって、彼女は高嶺の花になってしまった。ある夜、村を嵐が襲い、漁に出た一家は命からがら岸に戻るが、漁船は壊れ、漁具を失い、たちまちにして失業者となってしまう。塩漬けにした鰯の樽は、二足三文で仲買人に買い叩かれ、家は銀行に差し押えられた。ネッダに去られたウントーニは毎晩酒に溺れ、次女ルチア(アニェーゼ・ジャムモーナ)は巡査部長のドン・サルヴァトーレ(ロザリオ・ガルヴァトーニョ)の愛人となった。弟のコーラ(ジュゼッペ・アルチディアコノ)は密輸商人となり、祖父(ジョヴァンニ・グレコ)は病気で入院し、そして一家はあばら屋に引っ越した。仲買人の新しい船の進水式の日、人手に渡った一家の船を見に行ったウントーニは、そこで少女ローザに励まされ、弟のヴァンニ(アントニーノ・ミカーレ)、アルフィオ(サンヴァトーレ・ヴィカーリ)と共に、再び仲買人の船に乗りこんで、漁に出る決心をするのだった。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 La Terra Trema (Episodio del Mare)
製作年 1948年
製作国 イタリア
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 161
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 揺れる大地

ムービーウォーカー 上へ戻る