映画-Movie Walker > 作品を探す > 私の20世紀

双子の数奇な運命を軸に、光と影をモチーフに20世紀へオマージュを捧げるファンタスティック映画。製作はノルベルト・フリオドラオデル、監督・脚本は本作品が長篇第一作になるイルディコ・エニエデイ、撮影はティボォール・マテ、音楽はラースロー・ヴィドッキーが担当。出演はドロサ・セグダオレーグ・ヤンコフスキーほか。89年カンヌ映画祭新人監督賞受賞。2019年3月30日より4Kレストア版が全国順次公開(配給:サンリス)。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1880年、ブタペスト。母(ドロサ・セグダ)に死なれ雪の降る公園で、毛布にうづくまる小さな双子の姉妹ドラとリリは、通りがかった2人の紳士に別々にもらわれていった。それから20年後、その美貌で男をたぶらかす女詐欺師になっていたドラ(D・セグダ=二役)と、活動家にもらわれテロリストになっていたリリ(D・セグダ=三役)は、偶然に大晦日のオリエント急行に乗りあわせるが、その時2人はすれ違ってしまう。一方、以前からリリを愛していた謎の男Z(オレーグ・ヤンコフスキー)は、旅の客船でドラに目を奪われ、ふたりは一夜を共にした。それはリリとドラを結びつけるきっかけとなり、国会議事堂を爆破することに使命を感じるリリは、ある夜Zと再会し、彼に荒々しく抱かれてしまう。2人が別人であることを知らないZは、やがて再会したリリとドラの誘惑の罠におちてゆくのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 AZ ÉN XX. SZÁZADOM
製作年 1989年
製作国 ハンガリー=西ドイツ
配給 俳優座シネマテン
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 私の20世紀