TOP > 上映中の映画作品を探す > サンタ・サングレ 聖なる血

連続殺人に手を染める青年の異常心理をオカルト・タッチで描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはアンゲロ・イアコノルネ・カルドナ・ジュニア、製作はクラウディオ・アルジェント、監督は「ホーリー・マウンテン」のアレハンドロ・ホドロフスキー、原案・脚本はA・ホドロフスキーとロベルト・レオーニ、共同脚本はアルジェント、撮影はダニエレ・ナヌッツィ、音楽はサイモン・ボスウェルが担当。出演はアクセル・ホドロフスキーガイ・ストックウェルほか。

4/5
総評価数 6
レビュー 3
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (3)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
5

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

メキシコ・シティのグリンゴ・サーカスの団長オルゴ(ガイ・ストックウェル)と妻コンチャ(ブランカ・グエッラ)の一人息子フェニックス(アダン・ホドロフスキー)は、感受性の豊かな少年だった。彼は、刺青の女(セルマ・ティゾー)が連れている聾唖の少女アルマに好意をよせていたが、ある夜オルゴと刺青の女との浮気を目撃したコンチャは、夫の下腹部に硫酸をかけ、激怒した彼は妻の両腕をナイフで切り落とし、自らも喉をかききって自殺して果てる、という事件が起きた。刺青の女はアルマを連れて逃げ、現場に残されたフェニックスはショックのあまり精神病院に送り込まれた。やがて成長したフェニックス(アクセル・ホドロフスキー)は、母に呼び出されるまま脱走するように施設を抜け出し、コンチャの心とフェニックスの腕が一体となって動く奇妙な一心同体芸を身につけ舞台に立つようになる。ある夜、フェニックスはカーニヴァルであの刺青女を見つけ、彼女を殺害する。しかしそれはコンチャの意志によるもので、以後フェリックスは心ならずも、自分に近づく女たちを母の意志の下、殺してゆくようになる。そんなある夜、フェニックスの前に美しく成長したアルマ(サブリナ・デニスン)が姿を現わし、母の呪縛を解くことに成功したフェリックスはコンチャを殺す。しかし我に返った時、そこに横たわっていたのは、一体の腕のない人形だった。フェリックスはアルマに守られ、屋敷を囲む警官の前に足を踏み出すのだった。

作品データ

原題 Santa Sangre
製作年 1989年
製作国 イタリア
配給 ケイブルホーグ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

投稿者:Movie Walkerユーザー

(投稿日:2018/8/29)

ホドロフスキーが初めて商業映画を意識して撮った映画。フェニッ…

[続きを読む]

支持者:0人

純粋でありながら猥雑、すこしエッチなB級変態カルト映画

投稿者:絶対色気値

(投稿日:2017/2/12)

両手を切り落とされた母との近親相姦的な愛情を軸に、サーカス団…

[続きを読む]

支持者:0人

ホドロスフスキー。ワールド

投稿者:キネマ白道

(投稿日:2013/6/1)

両手の無い母との二人羽織?的な、、 フリークスワールド…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

カルト的人気にSF大作『DUNE』の頓挫…91歳の鬼才監督ホドロフスキーの歩み
カルト的人気にSF大作『DUNE』の頓挫…91歳の鬼才監督ホドロフスキーの歩み(2020年6月12日 22:30)

カルト映画界の巨匠として知られ、御年91歳を迎えたいまも新作の撮影に精を出すアレハンドロ・ホドロフスキー。そんな彼の集大成とも言える『ホドロフスキーのサイコマジ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > サンタ・サングレ 聖なる血