映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 旅順港

「ヴァリエテ(1936)」と同じくニコラス・ファルカシュの監督作品で、プラーグに於いて製作された映画。原作はピエール・フロンデェの小説で、「プレジャンの舟唄」「掻払いの一夜」のアンリ・ドコアンが改作したものに基づき、ファルカシュ自らがアルノルド・リップと協力してそれをシナリオ化し、「楽聖ベートーヴェン」のスティーヴ・パッスールが台詞づけた。主役は「禁男の家」「不良青年」のダニエル・ダリュー及び「ジプシー男爵」「大帝の密使」のアドルフ・ウォールブリュックの二人で、「我等の仲間」「最後の戦闘機」のシャルル・ヴァネルが重要な役を勤めて共演する外、「ミモザ館」「第二情報部」のジャン・マックス、「沐浴」のジャン・ウォルムスジャン・ダックス、等が助演している。キャメラはオットー・ヘラーの担任、音楽はジェルマスである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明治三十七年の旅順。ユキはロシヤ人を父とし、日本人を母とする日露ハーフであった。彼女には岩村大尉という異父兄がいた。岩村はユキがロシヤ将校ボリス・ラネフスキー中尉と結婚するのを好まなかった。しかし、ユキは、ボリスの上官ノヴィツキー艦長の仲立ちによって、ボリスとロシヤ艦レヅヴィ号上で結婚式を挙げた。岩村はユキと縁を断った。この時に、日本はロシヤと戦端を開いた。旅順駐在の日本領事館は引き揚げたが、岩村大尉は重大な任務のためにこの地にとどまった。日本軍は破竹の勢いでロシヤ軍を破り、旅順へと攻め寄せて行った。ユキは愛する夫ボリスの祖国と、恩愛の情を持つ岩村の祖国との間に小さな胸を痛めていた。ユキは一日、中国人によって或る家に連れて行かれた。そこで彼女は中国人に姿を変えた岩村に出逢った。岩村はユキに通報を迫ったが、ユキはおののいて我が家に帰った。この頃、ロシヤ側ではその機密が日本側に漏れることから、旅順内に間諜が多数入り込んでいることを知り、情報部長ワァシドロは、その発見に専心した。彼の疑惑の眼はユキに注がれる。ユキは何も知らなかったのだが、疑惑は彼女の上に濃い。岩村はついにボリスの一隊に捕らえられる。この時、日本軍は勢い鋭く二〇三高地に迫って行った。旅順陥落の直前、岩村は一人の戦士として銃殺された。一方、この時に祖国の軍旗を守って浦塩へ脱出する命を受けたボリスはレヅヴィ号で日本海軍の封鎖を破ろうとした。ボリスが死地に行くと知って、釈放されたユキは跡を追い、艦に乗り込む。しかし、レヅヴィ号は封鎖を突破出来ない。ボリスは艦を軍旗もろとも自ら沈めた。そして疑惑の解けたユキを抱きながら死んだ。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Port Anthur
製作年 1936年
製作国 フランス チェコスロバキア
配給 東和商事
上映時間 81
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 旅順港