映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 最後の戦闘機

「今宵こそは」「女人禁制」のアナトール・リトヴァク監督作品でジョゼフ・ケッセルの名小説に基づいた映画。脚本はケッセルがリトヴァクと協力して書き卸したもので、台詞もケッセルの執筆、そしてコンティニュイティはJ・キューベが担任した。主役は、「戦いの前夜」「巴里祭」のアナベラ、「白き処女地」「乙女の湖」のジャン・ピエール・オーモン、「装へる夜」のジャン・ミュラー、「外人部隊(1933)」のシャルル・ヴァネル、の四人で、以上を助けて「白き処女地」のダニエル・マンダイユ、「外人部隊(1933)」のピエール・ラブリ、「白き処女地」のシュザンヌ・デュプレ、「リリオム」のローラン・トゥータンルネ・ベルジュロン、少年俳優セルジュ・グラーヴアレクサンダー・リニョオ、それから歌手のクレール・フランコネエ、等が出演している。撮影は「商船テナシチー」「戦いの前夜」のアルマン・ティラールで、ルイ・ネが補佐した。作曲はフランスの近代音楽の名匠アルテュール・オネガーで、モーリス・ジョーベールが指揮に当たった。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

欧州大戦の際である。若い中尉ジャン・エルビヨンはパリに老母と弟と、それから昨日知り合ったばかりの恋人ドニーズとを残して戦地に向かった。彼の入ったのは三十七飛行隊である。隊長はテリス大尉といって部下の敬愛の的であった。そして此の隊の人々は皆元気で、友を思い、一家族のように暮らしていた。ジャンの到着した日に、子供の生まれた電報を受け取った偵察士ベルチェが戦死した。この時の操縦士をモーリー中尉といった。モーリーは人々よりも年長で、それに髭を生やし内気で陰気なので人々から嫌われていた。それでモーリーと組んで彼の偵察士となろうとする者は隊に一人も居なかった。その時にジャンが進んで彼とエキパージュ--操縦士と偵察士の組--となってやった。それから二人の間に真のエキパージュの精神、友以上の友情が生まれた。ジャンが休暇でパリに帰る時にモーリーは彼の最愛の妻エレーヌへの手紙を彼に託した。だが、ジャンはエレーヌに会ったとき、彼女こそドニーズであるのを知った。それから彼の苦悩の日が来た。休暇が終わり飛行隊へ帰ってからも彼はモーリーに近づくのを力めて避けるようにした。そしてモーリーにも淋しさと不安の危惧との心が湧いてきた。長らくエキパージュになっていた彼等には互いの心が分かるのである。飛行隊がシャトーヌーフに休暇で行った時、ジャンからの手紙が来ないので耐まりかねたエレーヌは隊を訪ねて来た。二人はフロランスの酒場で会った、エレーヌの一切を投げ出した願いにより一時はジャンも隊を退こうとしたが、しかし彼は心を固くして隊に止まった。そしてエレーヌもテリスによって説服された。かくて最後のマルヌの大戦の日に、隊長テリスが先ず戦死し、ジャンとモーリーも悪戦苦闘の後、帰航中にジャンは死んだ。ドニーズの写真を胸に抱きながら。大戦が終わってからモーリーは病院でジャンの弟の訪問を受けた。彼の胸には今更にジャンの思い出が強く湧き上がった。そしてエレーヌを気の毒に持った。夫の心を察したエレーヌの目にも涙があった。空では飛行機が飛んでいた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Flight Into Darkness L'Equipage
製作年 1935年
製作国 フランス
配給 東和商事
上映時間 111
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 最後の戦闘機