映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 声なき凱歌

原作はE・テンプル・サーストンの戯曲で、彼自ら脚色していたが、中途にして病没した。その後をサーストン夫人が夫の計画通り進めたものである。監督はモーリス・エルヴィ、撮影はシドニー・ブライス。主役は「ウィリアム・テル(1933)」「ユダヤ人ジュス」のコンラート・ファイトで、助演者は舞台人で映画初出演のペギー・アシュクロフト、「ユダヤ人ジュス」のジョーン・モード、ゴーモン映画に出演していたアン・グレイマリー・ネイの女優を始め舞台人のバートラム・ウォーリスベイシル・ギルフランシス・L・サリヴァン等である。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

キリスト受難の日にユダヤ人マタシァスは、ナザレ人イエスの面上に唾を吐いた。侮辱の罪を犯したために、彼は救世主が再び地上に帰り来るまで、主を待つべしとの罪を負わねばならなかった。かくして永劫の罪を抱いた彷徨えるユダヤ人は、時は流れて十世紀の半、第一十字軍の中に無名の騎士として、敗れることを知らぬ武勇の名を持っていた。美しい人妻ジョアンヌは彼の魅力に引きつけられたが、彼が彷徨えるユダヤ人であると知っては、妖しい夢も覚めて逃げ去るのであった。それから更に二百年を経てユダヤ人はシシリイ島パレルモの街に、富める商人となって現れた。しかしここでも彼は探し求める主にめぐり合うことは出来なかった。愛する妻ジャンネラは彼を棄てて僧院の奥深く姿を隠した。丁度街にはユダヤ人の迫害が始まり、彼は三度果無き巡礼の旅へ彷徨った。それからすでに三百年、キリスト十字架にかかり給える日より千五百年を経て、スペインのセヴィラでは異教徒糺問の調べが厳重に行われていた。彷徨へるユダヤ人は医師バタディオスとして、貧しき者の味方と敬い慕われていた。彼は傷つける淫売婦オララを治療してやったが、間もなく彼女の魂も彼によって救われて来た。二人はキリスト教について語り合ったが、彼の言ったことから宗教裁判所の嫌疑を受けた。同じユダヤ人のザポータスの密告によって、バタディオスは逮捕された。異教徒であり、神を恥ずかしめたるユダヤ人として彼は火刑を宣告された。バタディオスは恐るるところなく、今ぞ彷徨へるユダヤ人の果てし無き旅の終わりであり、キリストに許される時であると信じ、甘んじて刑を受けた。天から一條の光が流れて、柱に縛られたユダヤ人の身を包んだ。「あれは何の光だろう」と人々は怪しんだ。「キリストの光です」と答えたのは、群衆の中で泣き悲しんでいたオララであった。その時、ユダヤ人の頭は前に垂れ、永遠の苦悩の旅も終わったのである。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Wandering Jew
製作年 1933年
製作国 イギリス
配給 ミツバ商会
上映時間 111
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > 声なき凱歌