映画-Movie Walker > 作品を探す > 赤い靴 > レビュー

投稿レビュー(2件)赤い靴は星4つ

赤い美と不幸 (投稿日:2019年7月7日)

1950年3月1日、東京有楽座で日本初公開され、56日間で33万人もの観客を動員した。

赤い靴は踊り続ける。
疲れを知らぬ赤い靴は、時を追い越し、恋を置き去りにし、人生をも凌駕して、駆け抜けるように躍り続ける。延々と。

本作は現在でも、バレエ映画の不朽の金字塔といわれている。この映画のヒットで、日本では空前のクラシックバレエ・ブームが起こった。

音楽は、トーマス・ビーチャム指揮のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏し、バレエ「赤い靴」は、映画芸術に革命を齎し、その衝撃は、今観ても色褪せる事は無い。

スコットランド出身のバレエ・ダンサー、モイラ・シアラー。1941年にプロデビューし、翌年から現・英国ロイヤル・バレエ団に在籍し、品良く可憐な容姿。何より劇中バレエシーンの美しさ、本物の迫力と完成度は映画史屈指。

生の舞台では出来ない特殊効果を駆使しつつ、登場人物の心理描写に分け入っていくところは、全編を通しての山場だ。靴屋の顔がレルモントフになり、恋人になり変わる妄想は、愛すべき対象が自分を苛み、破滅に導く女の運命を暗示する。

アンデルセンの童話「赤い靴」のテーマを完全に変更し、アンデルセンが自作に籠めたであろう、虚栄心への罰というキリスト教的な意味合いを拭い去り、人生を犠牲にして表出される芸術への衝動を、より普遍的な主題に置き換えているようにも思える。

元ネタと同じく悲劇的な結末を迎える本作は、二人の男性、愛と芸術の狭間で無情な綱引きを強いられる、才能溢れる女性ダンサーの苦悩が痛々しくも美しい映像と圧巻のバレエシーンによって、現代の御伽話、或いは寓話的ロマンを掻き立てる。

分かりやすい位バレエの鬼であるレルモントフが芸術至上主義者で、自分と同じ志を持つヴィッキーが恋愛に走るなど有り得ないと愕然とする様は、あまりにも鈍感、傲慢かつ思いやりの欠片も無い言動だが、人のタイプとしては分からなくもない。

レルモントフのモデルとされているのは、バレエ界の革命児にして巨星、バレエ・リュスの創設者で芸術プロデューサーのセルゲイ・ディアギレフ。彼は同性愛者で、恋人を一流の芸術に触れさせて教育していくという習慣を持っていた事実は、レルモントフとヴィッキーの関係性に似ている。

物語としては暗い面を多く見てしまうが、ビジュアル面では実に美しい。ヴィッキー役で一世を風靡したシアラーが主演を務める劇中バレエ「赤い靴」は、約20分もかけて劇中で上演され、シアラーの美貌、表現力とダンスの美しさは観客に大いに夢を見させてくれる。“テクニカラーの父”とも称されるジャック・カーディフの撮影に、アカデミー賞を受賞した美術監督の画家ハイン・ヘックロスらの仕事ぶりはモダンで洗練され、同じくオスカー受賞のブライアン・イースデルの音楽が、全編冴え渡る。また、当時のサドラーズ・ウェルズ・バレエ(現・英国ロイヤル・バレエ)からはシアラーのほかにも、同団プリンシパルのロバート・ヘルプマン(兼振付)ほか多数のダンサーが出演している。

ディアギレフが率いたバレエ・リュスからは、振付家レオニード・マシーンが団員役を演じるほか、バレエ「赤い靴」では“靴屋の踊り”のみを自ら振付&パフォーマンスを披露。ボロンスカヤを演じたバレエ・リュス・ド・モンテカルロ(セルゲイ・ディアギレフ亡き後、解散したバレエ・リュスを引き継ぐかたちでモンテカルロで組織されたバレエ団)のリュドミラ・チェリーナが、ボロンスカヤ役で、劇中バレエ「火のハート」で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれる。

一流のダンサー、一流クリエイターたちによる完成度の高いバレエシーンの数々は必見。

ヴィッキーにとっての“赤い靴”が持つ意味は、劇中バレエよりも原点に近いような気がしてしまう。

ヒロインを演じたモイラ・シアラーも、二枚目俳優アントン・ウォルブルックも、もうこの世にいない。

人生と芸術という相克に、どこまで迫りえたかは兎も角として、音楽とバレエ、そして色彩の美しさがコラボレートされた、良き時代の傑作だ。 »ガイドライン違反報告

投稿:杉森 岬

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

映像美の白眉 (投稿日:2013年6月26日)

はなしはそれほど面白くはないのですが、残酷な内容なので好みです。バレエをテーマにした映画って当時他にあったのかな?
とにかく、なんて綺麗で幻想的な映像なのかと驚いた。名画座など劇場で観るべき作品です。役者さんではないのでセリフ棒読みは仕方ないけどレオニードマシンの怪しくて尚且つ妖しいまでの舞りは強烈。アントンウォルブルックの冷酷で血も涙もない演技は憎ったらしいまでの恰好良さ。お勧めです。 »ガイドライン違反報告

投稿:夙の一郎

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 赤い靴 > レビュー