TOP > 映画作品を探す > 闇の人生航路

プロデューサーとして監督として相当の古参であるノーマン・ウォーカーが、彼自身幹部の一員でGHWプロで製作監督した作品でドローシー・ホイップルの小説をヴィクター・マックリューアが脚色したもの。撮影は、「うずまき」のアーウィン・ヒリヤーで、音楽はジョン・グリーンウッドの作曲である。主演は「失われた男」「捕われた男」のマーヴィン・ジョンズ、「忘れじの巴里」のジョイス・ハワード、「灰色の男」のノラ・スウィンバーン、舞台と映画に悪役を得意とするアルフレッド・ドレイトン、新人ジョーン・グリーンウッド、舞台の老女優マリー・オールト、ショーン・モード其他である。

4/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

トーマス・ブレイクは妻シリアとの間に生れたフリーダ、ルース、ダグラスの三人の子供達も成長し、幸福に中流の生活を営んでいる。ただ一つ、嘗てブレイクが所有していた工場が、今は人手に渡っていて彼はその雇人であることが不満である。トーマスはある日偶然、大資本家ナイトと知合いになったが、ナイトはトーマスの立場に同情して、ブレイク一家を豪壮なナイト邸に招いて御馳走する。そこで長女フリーダは金持の青年ボビー・ヒュウィットに恋する。ナイトはトーマスに金を貸したので、トーマスは、事業主となり、ナイト邸を譲り受けて移り住む。フリーダは社交界に出、ルースはパリへ勉強に行き、ダグラスはケンブリッジで化学を研究し、別居していた祖母を同居することとなる。ところがトーマスは不景気で思わしくないので、ナイトに相談すると、絶対損はせぬからといって、株式投機をすすめられる。その揚句ずるずるに深みに落ちて、トーマスは手形偽造の罪を犯す。しかも驚いたことにナイトは、稀代の悪漢であることがバレて、トーマスが捕縛されると、ナイトは自殺して了う。豪壮な邸宅は売払われ、トーマスは一年の刑に服する。この災難にシリアは夫トーマスを励まし二女ルースも、長男ダグラスも、ブレイク家の名誉を挽回するために働く、ただフリーダだけは虚栄の生活を捨てきれないでいると、ボビーは彼女を捨てて金持ち令嬢と結婚して了うが、ようくしたものでフリーダはコギー・セルビーという金持青年と知合い結婚する。トーマスが一年の刑期を終えて出獄すると、シリアは出迎えて、もとのブレイクの家へ伴い帰る。こうしてブイレク一家は再び中流の生活を幸福と愛情と共に送る。

作品データ

原題 They Knew Mr. Knight
製作年 1946年
製作国 イギリス
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 闇の人生航路