女優ナナ(1926)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女優ナナ(1926)

1926年公開,167分
  • 上映館を探す

エミール・ゾラの有名な小説『ナナ』を映画化したもので、ピエール・レトランゲズ氏が脚色しジャン・ルノワール氏が監督製作した特作品である。主役ナナはカトリーヌ・エスラン夫人が演じ「恋の凱歌」「スルクーフ」等出演のジャン・アンジェロ氏と「真夏の夜の夢(1925)」「裏町の怪老窟」等出演のヴェルナー・クラウス氏とが共演し、「巴里」出演のジャクリーヌ・フォルザーヌ夫人、ジャック・カトラン氏令弟レイモン・ゲラン・カトラン氏、ピエール・フィリップ氏、ヴァレスカ・ゲルト嬢等が助演している。無声。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

皇后侍従ミュッファ伯爵はヴァリエテ座上演中の「ブロンドのヴィナス」主演の女優ナナを一方ならず贔負にしていた。ナナは卑しい売春婦で何の才能もなかったが其の美貌と伯爵の後援とで当時パリの人気を一身に集める流行の女優となったのであった。伯爵は親友のヴァンドゥーヴル伯爵の忠告にも耳をかさずナナを名女優に仕立てようと試み、彼女にあらゆる贅沢を許していた。ナナはヴァンドゥーヴル伯爵の甥で後見を解かれた学生のジョルジュ・ユゴンを情人にしていた。ヴァンドゥーヴルは甥の身を案じナナを訪れてジョルジュと切れてくれと頼んだ。ナナはとぼけて子供なんか相手にしないといい今度は伯爵に媚を売るのだった。彼はナナがミュッフィ伯爵の妾であることを知りながら其の魅惑負けナナを恋してしまった。彼は自分の愛鳥までナナと命名した。 しかし彼はナナを完全に自分のものに出来るほど裕福ではなかった。思い余った彼は、競馬で不正な手を使って少しの儲けを得るが、不幸にもその不正が暴露し、それがきっかけで友達やナナをも失うこととなった。最後の望みであったナナへの結婚の申し込みが拒絶されるや、彼は遂に厩に火を放ち毒を仰いで死んだ。一方かのジョルジュも結婚を拒絶され、ミュッファ伯爵とナナが戯れている最中、隠れていたナナの衣装室で鋏で心臓を突いて自殺した。ミュッファ伯爵は、ナナが男たちに及ぼす不幸な魔力に恐れをなし、ナナをおいて家に帰るが、伯爵夫人は情人と出奔してしまっていた。ナナは情人を一時に二人も失って嘆いたが友達に誘われるままに憂さ晴らしにマビイユというダンスホールに行って狂態の限りを尽くした。それを知ったミュッファ伯爵はとうとうあいそを尽かして彼女と絶縁することを宣告した。ショックを受けたナナは急性の天然痘にかかってしまった。総ての友達は死の淵にいるナナを残して去った。しかし伯爵は此の憐れな女の魂が救われることを願い、伝染の危険をも忘れてナナの枕元で彼女の魂が救われることを祈るのであった。

作品データ

原題
Nana
製作年
1926年
製作国
フランス
配給
ラテン映画社
上映時間
167分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?