TOP > 上映中の映画作品を探す > 月給六万円

ジャン・ドロオ氏作の小説に基づいてニコラ・コリーヌ氏が「冤罪」の監督者ロベール・ペギー氏と共同監督した喜劇で主役は「女優の心」「美わしの君」等出演のニコラ・コリーヌ氏が演じ、「ありし日のナポレオン」等出演のマドレーヌ・ギティ夫人、「巴里夜話」出演のエレーヌ・ダルリー嬢、「冤罪」等出演のシャルル・ヴァネル氏等が助演している。無声。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

停車場の検車係ガリュパンは偶然にもアメリカ富豪デューランドと金銭で幸福が購えるか如何かを論じ合った挙句、毎月六万円を消費しなければならないことになり第一ケ月分を受取って家に帰る。妻や子供は驚き喜んだが女店員をしている長女アンナは其の金のことで父と争い遂に家出してしまった。第一日は家族の服装を調え遊園地で遊び暮らして費ったのが九十円許り。第二日は一流の料亭で御馳走を食べ夜は芝居見物に行っても其の日の割当金の三分の一しか費わなかった。三日目は金を棄てる心算でモンテ・カルロに出掛け途中、汽車中で四千円を盗まれ荷が軽くなったと喜びニースの旅館へ伯爵と振込んで泊まりカジノへ行っても損する所か勝って困った。その上盗まれた金も戻って来たので悲観して海岸へ駆出すと売物のヨットがあったので買込んで世界一周に出掛け翌朝無人島を発見して上陸するとそこはニースの海岸だった。金を持って苦労する事が多いと悟り我が家に帰って来ると家出した娘が婚約した男を連れて父親の承諾を求めに来た。その男が賭事の相手デューランドなので賭事の取消を条件として娘を遣ることにしてガリュパンはやっと安心した。

作品データ

原題 £6000 a Month 600,000 Francs Par Mois
製作年 1925年
製作国 フランス
配給 サロス映画社
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 月給六万円