TOP > 上映中の映画作品を探す > オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団

娘をネオ・ナチ・テロリストに奪われた男が、戦友とともに救出に向かうというアクション映画。製作はルイジ・G・シンゴラーニ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョージ・ゼツェヴィク。監督はジョセフ・マンデューク。脚本はジョン・シャーキー、撮影はハーヴィ・ジェンキンス、音楽はニコラス・カラスとジャック・クーカーリー、第2班監督/スタント監修はスピロ・ラザトスが担当。出演はケン・ウォールジョージ・ディセンゾほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ダンラップはテロリスト・グループのオメガのメンバーだったが、身の安全と引き換えに当局に情報を提供することにした。だが、オメガはホットなヨーヨー(サンダー・バークレイ)とクールなサクソン(ロバート・グレイ)を派遣して護送車を襲い、警官を惨殺しダンロップに重傷を負わせる。妻を亡くして以来アル中になった元新聞記者のジャック(ケン・ウォール)は、娘のジェシー(エコール・エガート)の養育権も妻の父ピアソン医師(ビル・マレー)にとられてしまっている。久しぶりの面会日、父子で酒屋に入ったところヨーヨーとサクソンが押し入り、ジェシーを人質にして逃げて行った。ジャックは警察に届けるが、ミルナー刑事(ダグ・マクルーア)の捜査はなかなか進展しない。業を煮やしたジャックはヴェトナムでの戦友フィリー(ジョージ・ディセンゾ)の協力を求める。犯人の腕にあったΩの刺青を手掛りに、テロリストの間を歩き廻った。一方、ヨーヨーらはモーア医師を射殺する。モーア医師は厳重な警備がしかれている病院に入院中のダンラップの診療に当たっていたのだ。彼の代わりに診療を依頼されたピアソンの前にカール(ロン・クールマン)が現われて、孫娘の生命と交換にダンラップ殺害を強要する。ミルナーは病院でピアソンの姿を見て、ジェシーの誘拐の理由を悟ってあわてて病院へ。だが、ピアソンには患者を殺すことはできなかった。ジャックはオメガの黒幕がカールということに気付き彼を脅してジェシーが16番倉庫に幽閉されていることを白状させた。倉庫に侵入したジャックとフィリーはテロリストを続々と倒していく。ジェシーは洗剤の溶液をサクソンの顔にかけ、その隙に屋上へ逃げ出した。後を追ってきたサクソンをジャックが射殺。こうして再び父娘は一緒になることができた。

作品データ

原題 Omega Syndrome
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 ジョイパックフィルム
上映時間 89
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > オメガ・シンドローム 恐怖の暗殺団