巌窟王(1928)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

巌窟王(1928)

1928年公開
  • 上映館を探す

「恋のサルタン」「自由の魂」「噫無情(1925)」等を製作したルイ・ナルパ氏がパテー社を離れ自社創立後の第一回作品として製作した大作品で、アレクサンドル・デュマの著名の小説を映画化したものである。脚色並びに監督には「自由の魂」「噫無情(1925)」と同じくアンリ・フェスクール氏が当たった。主役エドモン・ダンテスに扮するのは「恋の凱歌」「女優ナナ(1926)」出演のジャン・アンジェロ氏であるが、それを助けて「カルメン(1926)」「恋のサルタン」のガストン・モド氏、「タルチュフ」「王城秘史」のリル・ダゴファー嬢、「自由の魂」のジャン・トゥールー氏、「金」のマリー・グローリー嬢「ポンペイ最後の日(1926)」のベルンハルト・ゲツケ氏、そのほかピエール・バチェフ氏、ミシェル・ヴェルリー嬢、タマーラ・ステツェンコ嬢、等が出演している。なおこの原作である「モンテ・クリスト伯爵」は既にフランスのパテー社及びアメリカのフォックス社に於いて映画化された事がありそして共に我国に輸入公開された。(無声)

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

エルバ島に雌伏して虎視眈々たるナポレオンをめぐってフランス全土が陰謀と暗殺と復讐に血なまぐさく渦巻いた一八一五年。ファラオン丸の若い運転手エドモン・ダンテスがエルバ島に立ち寄ったのは、単に航海中死んだ船長の遺言を守ったのにすぎなかったが、平常彼の人望あるのを快く思わなかった水夫のカドルッスは彼がナポレオンから一書を託されて帰ったのを見逃しはしなかった。ダンテスを信頼していた船主のモレルは彼を次の船長に任命した。この進級は深く愛し合っているダンテスとメルセデスの結婚を早めたが、結婚の宴にあって幸福に酔っていた彼は突然乱入した捕吏に拉されて遠く孤島の土牢に幽閉される身となった。自分の罰せられる理由を発見するのに苦しんだダンテスは間もなく赦される日のあることを信じていた。が一年、二年、三年、五年--。その日はついに来なかった。絶望した彼は苦心惨憺して脱獄を計った。しかし抜け穴は同じ企ての途にあったファリア法師の牢へ通じたに過ぎない。ファリア法師は古い文献からモンテ・クリス島の秘宝の在所を知悉していたが企て半ばにして病み一切をダンテスに教えると怨みをのんで倒れた。その夜、彼は奇計を案じて遂に島を脱出した。間もなくパリに妖艶なギリシャの女エデを伴って現れ瞬く間に社交界の噂の中心となったモント・クリスト伯爵とは、モンテ・クリスト島に秘められた無限の財宝を得たエドモン・ダンテスだった。彼の超人的な努力は、自分を陥れたものがメルセデスを恋していたフェルナンと、自己の栄達のために法をまげた検事ヴィルフォールの奸策であることを探り出し、恩人モレルの子マキシミリアン中尉とヴィルフォールの娘ヴァランティーヌの悲恋を知った。しかも当時フェルナンは非道な裏切りによって莫大な富を盗みメルセデスを奪ってモルセール伯爵と名乗っており、ヴィルフォールまた検事総長の席にあって権勢をほしいままにしていたのである。復讐!復讐!敢然として奮い立ったダンテスの痛烈極まりない復讐の鉄槌は彼等の上に如何にして投げられたでうあろうか?

作品データ

原題
Monte Cristo
製作年
1928年
製作国
フランス
配給
泰西映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?