TOP > 映画作品を探す > マチステのサーカス

「マチステの地獄征伐」「強力マチステ」と同じくイタリア巨人俳優バルトロメオ・パガーノ氏の主演映画で監督には「マチステの地獄征伐」のグイド・ブリニョーネ氏が当たっている。(無声)

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マチステはポンマー曲芸団の花形であり持主のポンマーとは大の仲好しであった。座長のストラッサーはポンマーが長い年月汗水流してためた財産を横領しようというよからぬ考えを持っている男で、自分の情婦である女曲芸師サラーにポンマーの倅ジョージが懸想しているのを利用してジョージを欺し目的をとげようと機会を窺っていた。そこでマチステがアフリカへ猟にいき、持主ポンマーが南イタリアへ病気静養に赴いている留守に計画はすすめられた。マチステはライオン数頭と原住民娘ゼイダを伴って帰って来た。ゼイダはマチステを尊敬しよくその言葉にしたがう純真な乙女だった。幾月かの練習の後、彼女は一人前の曲芸師になることが出来たが、その間シルヴァニという獰猛な男に幾たびとなく虐待をうけた。そして彼は、その虐待の結果ゼイダに傷を負わしたためマチステからの復讐を恐れサーカスから逃げてしまった。療養地から戻った父親は息子ジョージとサラーの関係を知り息子を責めたがジョージはかえって反抗的に出たのでサラーの契約が切れるのを幸い彼女を断ることにした。腹に一物あるサラーは最後の出演の翌日ひそかに結婚をすることをジョージに承知させたが、何時からともなくジョージを慕うようになったゼイダはこれを知ってマチステに告げた。マチステの新しい演技とサラーの最後の出演とが期せずして催されする晩、姿をくらましていたシルヴァニがひょっこり現れ再び雇って貰おうとしたが断られた。その腹いせに彼はマチステとゼイダが演技中の舞台へライオンを放った。ライオンはマチステの働きによって難なく捕らえられたが観客は雪崩をうって出口へ殺到した。ジョージをつれ出そうとしたサラーはこの群集の下敷きとなって惨死した。迷いの夢からさめたジョージは今までの罪を父親に詫び自分に愛を捧げるゼイダと相抱いた。

作品データ

原題 Maciste in the Lions' Den
製作国 イタリア
配給 セゴシ洋行
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > マチステのサーカス