TOP > 映画作品を探す > 獣人(1927・ドイツ)

昨年の夏ファースト・ナショナル社が開設したドイツ撮影所に於いて製作されたデーフー作品で、古くは「プラーグの大学生」を始め「ファラオの恋」「カラマゾフ兄弟」等に出演したドイツ性格名優パウル・ヴェゲナー氏主演映画である。原作はマックス・モール氏の舞台劇で、これをクルト・J・ブラウン氏が脚色し、マックス・ライヒマン氏が監督したもの。助演者は「野鴨」「吹雪の夜」出演のマリー・ヨンソン嬢を始め、クルト・ゲロン氏、ヘルマン・ヴァレンティン氏、ゲオルク・ギュルトラー氏等である。無声。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある夏のこと北極近くに出漁していた一隻の捕鯨船は氷に閉されて一冬を越さねばならぬことになった。ところがある夜寒気に冴え切った極地の空気を震わせて物凄い叫び声が聞こえて来た。見れば熊にも非ず猿にも非ざる異形の怪物で、怖れを知らぬ船人達も身の毛のよだつ思いをしながらも勇を鼓して生捕りにした。やがて春の訪れと共に捕鯨船は元の港へ帰港し、この怪物は素晴らしい値で一見世物師に売られて行った。その事を聞いたその町の精神学の泰斗バルバルジン博士は姿こそ変れこの怪物は人間であることを観破し、その身柄を譲り受け己が蘊蓄を傾けて治療に尽した結果驚くべき事実が分明した。というのは彼こそ実に十五年前に飛行機で北極探険に赴いたまま行方不明を伝えられたラムパー大尉であったのである。しかし北極の孤独の世界に於いて清浄無垢な大自然を友として、原始的な生活をしていたラムパーは昔通りの健全な人間に復ったとは云え、十五年後の文明社会は余りにも醜く刺戟多く住心地の悪い世界であった。そして彼をこの活社会にとどめる唯一の絆たる見世物師の妹トニーに相愛の青年があることを知ったラムパーは今は何一つの未練もなく、捕鯨船の一員となって再び北極を指して二度と帰らぬ旅に上った。

作品データ

原題 The Wild Man
製作年 1927年
製作国 ドイツ
配給 ファースト・ナショナル支社
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 獣人(1927・ドイツ)