TOP > 上映中の映画作品を探す > メッサリナ

一九二四年九月米国では、エフ・ビー・オー社が発売した。「クオヴァディス」「シーザー」「アントニーとクレオパトラ」等と同じくエンリコ・ガッツォーニ氏の監督になったもので、氏は原作及び脚色もした。主役はリナ・デ・リゲロ伯爵夫人で、その他もお馴染みのない人々のみである。ローマ帝国が未だ栄華を極めていた頃の物語で、壮大な時代映画である。無声。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ローマの女王メッサリナは絶世の美をもって皇帝クロウディウスの寵を専らにし、自らの勢力を殖す為に巧みに皇帝を操っていた。メッサリナは放縦淫蕩な女性で、日夜恋を猟っては残虐な笑みを浮かべているのであった。ペルシャから送られて来た若く美しい奴隷がメッサリナの目を引いた。その奴隷にはエジプトのミリト姫も想いを寄せた。二人の女性の間には恋の闘争が始まったが、奴隷はどちらにも笑顔を見せなかった。恋の遂げられぬ恨みからミリット姫は奴隷の命を絶たんとしたが、メッサリナは彼を救い出した。皇帝クロウディウスの命を縮めんと計ったメッサリナの毒計は見破られて、彼女はその美しい肉体を兵士の刃にかけられてしまう。

作品データ

原題 MESSALINA
製作年 1924年
製作国 イタリア
配給 平尾商会
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > メッサリナ