法の侭に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

法の侭に

1919年公開
  • 上映館を探す

大正二年頃紹介された「ハンナ嬢」「国なき人」「女優の末路」等で当時の愛活家を唸らせたアスタ・ニールセン嬢が久々で出演した悲劇で、ウィリー・ゲルンワルト氏の監督である。無声。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

婦人新聞記者ゾンヤは、兄の医師エリックの友人アルベルト・ホルムが人類に大福音をもたらすべき医学上の発明を遂げながら資金無きばかりに実地に其れを利用出来ない事を、残念此の上なく思って居た。彼女は同じ新聞記者アーサーと婚約を結んだが、間もなく叔母の危篤を聞き母とその見舞いに赴く事となった。彼女は此の機を逸せず、日頃から貪慾飽くなき高利貸ヒーレを殺害し、其の大金を秘かに自分の叔母の遺産の如く仕立て而して其の金を全部アルベルトの発明の実地利用の資金に提供し見事に成功せしめ、人類に大なる幸福をもたらした。しかし殺人者たる彼女は遂に法廷に立ち、四年間の刑に処せられたが、偉大なる目的の為に苦を忍ぶは易しとして、涙に送る者達をあとに、彼女は刑に服したのである。

作品データ

原題
After the Law
製作年
1919年
製作国
ドイツ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?