TOP > 映画作品を探す > 影を失へる男

かつては「プラーグの大学生」に近くは「巨人コラン」に主演して愛活家を喜ばしたドイツ名優パウル・ヴェゲナー氏自作主演映画。「プラーグの大学生」「巨人コラン」その他多数ウェゲナー氏の相手役として出演したリダ・サルモノヴァ嬢が相手役を勤める。無声。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

音楽家のセバルダスはデュランド伯爵夫人の乳姉妹バーバラを恋しているが打ち明ける勇気がない。ある日彼は伯爵夫人の招待を受けて音楽会に出たが演奏にも失敗し、その上バーバラから故意に他の男との甘い所を見せつけられ、すっかり妬けてしまった。一方影人形芝居の旅役者で魔法使いのダペルチェットは大切な影人形が駄目になったので、セバルダスの弱目に乗じ、立派な提琴を好餌として誘惑し、彼の影を奪って芝居に利用する。ところがその提琴で音楽家は演奏にも成功し恋人の愛をも勝ち得たが、彼には影がない事を見出した彼女は驚愕して昏倒し、夫人の世話で尼僧院に送られたのである。その後彼は音楽を友としひとり悶々裡に暮していたが、影無き者と評判されて町の者から迫害され、そこを逃れて恋人に遭い、彼女を今度は男装させて二人で影人形使いダペルチェットを探し、遂に自分の影を取り返して、二人はやっと楽しい新生涯に入る事が出来た。

作品データ

原題 The Lost Shadow
製作年 1921年
製作国 ドイツ
配給 日活
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 影を失へる男