TOP > 映画作品を探す > エロイカ(1950)

ベートーヴェンの生誕百八十年を記念して、彼の半生を描いたこの作品は、一九五〇年製作のオーストリア映画で、「モツアルトの恋」のカール・ハートル総指揮のもとに、新進ヴァルテル・コルム・フェルテエが脚本・監督を担当。撮影はギュンター・アンデルスハンネス・シュタウディンガー、音楽指揮はハンス・クナッペルツブッシュウィーン・フィルハーモニー・オーケストラウィーン交響楽団ウィーン国立歌劇合唱団ウィーン少年合唱団が演奏する。ベートーヴェンにはブルグ劇場の俳優エヴァルト・バルザーが扮し、戦後売出のマリアンネ・シェーンナウアイワン・ペトロヴィッチジュディット・ホルツマイスターオスカー・ヴェルナーらが共演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ウィーンでは、ナポレオン進撃の報に湧きかえっていた。同市で作曲生活に精進していたベートーヴェン(E・バルゼル)ばナポレオンこそ自由と平等をもたらす使者だと感激、制作中の交響曲を「エロイカ(英雄)」と名付けて一気に完成した。その頃、彼の女弟子テレーゼ・フォン・ブルンスヴィク(M・シェーンナウア)は、ナポレオンのウィーン占領に伴って一家共どもハンガリイに避難、同行した従姉ギュリエッタ(J・ホルツマイスター)にベートーヴェンのことを親しげに語ってやまなかった。占領後のナポレオンは次第に独裁的となり、裏切られた気持ちのベートーヴェンはエロイカの表紙を破り捨てると夜陰に乗じてハンガリイに逃げのびここではじめてギュリエッタと知り合い、二人の関係は進んだ。テレーゼはこの関係を知り、失望の裏に、この偉大な作曲家を一人の女性の許に止めてはならないことを悟った。数年たち、ウィーンに帰ったベートーヴェンは次第に個疾の耳病が重くなり、ついに「フィデリオ」初演のとき指揮棒が振れなくなっている自分を発見した。失意の彼を慰めたのは、この数年彼に変らぬ愛を捧げて来たテレーゼであった。彼女の励ましで、ベートーヴェンは新たな希望にもえて「第九交響曲、歓喜の頌」の作曲にとりかかった。

作品データ

原題 Eroica
製作年 1950年
製作国 オーストリア
配給 東和=東宝
上映時間 95
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > エロイカ(1950)