TOP > 上映中の映画作品を探す > ツイスト&シャウト

'64年のコペンハーゲンを舞台に、恋や家庭環境に悩む若者たちの姿を描く青春映画。監督・脚本は「子供たちの城」のビレ・アウグスト、共同脚本はビヤーネ・ロイター、撮影はヤン・ウェンケ、音楽はボー・ホルテンが担当。出演はアダム・トンスバーク、ラース・シモンセンほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

'63年、ビートルズに夢中の高校生ビヨン(アダム・トンスバーク)は、ある夜クラブハウスでアンナ(カミーラ・ソエバーク)という美少女と出会い、彼女に一目惚れする。波の友人エリック(ラース・シモンセン)は、病床の母(アーセ・ハンセン)と厳格な父(ベント・メイディンク)という複雑な家庭環境にいた。彼は同級生のキースティン(ウルリッケ・ユール・ボンド)に思いを寄せていたが、彼女が愛していたのはビヨンだった。そのビヨンは、アンナと初めての夜を過ごし、幸せな日々を送るが、この恋も冬になり、アンナの妊娠で終わりを迎える。彼女は不当に中絶すると、ビヨンの前から姿を消した。そしてビヨンは、心の痛手を癒すかのようにキースティンに慰めを求めようとする。その頃エリックは、父が浮気をしていることを知るのだった。ビヨンとキースティンの婚約パーティーの夜、エリックは出席しようとするが、父は暴力をふるってまでそれに反対し、愛人のもとへ向う。そしてエリックは母を祖母の住む田舎で療養させることを決心し、彼から助けを求められたビヨンは、婚約パーティーを延期して、エリックを助けるのだった。

作品データ

原題 Tro, hab og Kaerlighed
製作年 1984年
製作国 デンマーク
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ツイスト&シャウト