TOP > 上映中の映画作品を探す > ダイヤモンド・スカル

ある交通事故をきっかけにした上流社会に渦巻く愛憎と妄想の世界を描く。製作はティム・ビーヴァン、監督は本作が長編デビューになるニック・ブルームフィールド、脚本はティム・ローズ・プライス、撮影はマイケル・コールター、音楽はハンス・ジマーが担当。主演はガブリエル・バーンアマンダ・ドノホーほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

財界の若きリーダー、ヒューゴ・バックトン(ガブリエル・バーン)は、先祖代々の貴族の家に住み、美しい妻と息子に恵まれ幸せな日々を送っていた。ある晩昔の軍隊仲間と夕食を共にしたヒューゴは、仲間のジェイミー(ダグラス・ホッジ)の車を運転し、帰路につく途中、一人の女性をはね死に至らしめる。ボスのピーター(ストルーアン・ロジャー)は呆然とするヒューゴと、警察に通報しようとするジェイミーを車に押し込め、現場を立ち去り、この事件は黙約のうちに全員の胸にしまわれた秘密となった。そのころヒューゴは、妻ジニー(アマンダ・ドノホー)と、彼女の仕事上のパートナー、ラウル(マシュー・マーシュ)との関係に猿疑心を抱き、やがてその疑念は誇大妄想となって、しばしばジニーを怯えさせる。一方ロンドン警察はひき逃げ事件の捜査を開始していた。ジェイミーは、あれは事故ではなくジニーと錯覚してのヒューゴの殺害ではなかったかと疑惑を抱き始め、やがて恋人でヒューゴの妹でもあるレべッカ(セイディ・フロスト)にそれを打ち明けるや、瞬く間にその噂はロンドンの上流階級に広がり、警察の注意を引くことになる。ところがヒューゴを守ろうとする家族や仲間の結束は固く、逆に嫌疑はジェイミーに向けられるようになる。盛大なレべッカの誕生パーティの夜、館に警察が尋問にやってくる。一方のジェイミーも姿を現した。ピーターはヒューゴを助け警察の嫌疑を逃れさせ、その足でジェイミーを真犯人にすべく画策する。翌朝ジェイミーの車の置かれた人気のない切り立った崖の下に横たわるジェイミーの死体があった。

作品データ

原題 Diamond Skulls
製作年 1989年
製作国 イギリス
配給 アスミック
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > ダイヤモンド・スカル