TOP > 映画作品を探す > 僕と一緒に幾日か

ある男女の愛の行方をめぐる人々の心模様を描く。ジャン・フランソワ・ジョスランの同名小説の映画化で、エグゼキュティヴ・プロデューサーはジェラール・ゴルティエ、製作はマルク・ヴァドゥエリック・ユベール、監督・脚本は「ギャルソン」のクロード・ソーテ、共同脚本はジェーローム・トネールとジャック・フィスキ、撮影はジャン・フランソワ・ロバン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はダニエル・オートゥイユサンドリーヌ・ボネールほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マルシャル(ダニエル・オートゥイユ)は、療養所を退院するが、相変らず全てに無関心、無感動で、母(ダニエル・ダリュー)の経営するフランス有数のスーパー・マーケット・チェーンの仕事にも興味がなく、妻リューシー(エリザ・セリヴィエ)と愛人ポール(グザヴィエ・サンマカリー)の関係は公認の秘密になっていた。とりあえず彼は社会復帰として、5都市のチェーン支店を回って帳簿視察の出張に出ることになった。しかし最初の街リモージェの支店長フォンフラン(ジャン・ピエール・マリエル)の不審な行動が気になった彼は一計をめぐらせ、町の名士、知事官房長マイヨット夫妻(フィリップ・ローデンバック、タニヤ・ロペール)を招いたパーティーを開いているフォンフラン家を訪れ、一同を戸惑わせるが、マルシャルは学生時代の同級生でもあるフォンフラン夫人(ドミニク・ラヴァナン)の妹レジーヌ(テレーズ・リオタール)の勧めで一夜の宿を得、同時に当家の給士フランシーヌ(サンドリーヌ・ボネール)に心魅かれていた。そして翌朝同市にアパートを借り、スーパー経営の陣頭指揮をとるようになったマルシャルは、次第にフランシーヌとの愛も育んでゆく。しかしフォンフランに対する信頼を回復し、パリに戻ったマルシャルは、次第にフランシーヌと疎遠になってゆき、次にリモージュを訪ねた時、彼女は時の乱暴者ロッキー(ジェラール・イスマエル)の恋人になっていた。そして、彼はフランシーヌをめぐって、ロッキーと彼女の昔の恋人フェルナン(ヴァンサン・ランドン)の恋のさやあてに巻き込まれる。独善的なロッキーに次第に嫌気を募らせるフランシーヌは、つにいある夜ロッキーともみあい、その現場に居あわせたフェルナンが彼を刺殺してしまう。事の次第を知ったマルシャルは、自ら犯人としてフェルナンの身代わりになることを決意する。そしてそれはフランシーヌとの新たな愛の第一歩でもあった。

作品データ

原題 Quelques Jours Avec Moi
製作年 1988年
製作国 フランス
配給 アルシネテラン
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 僕と一緒に幾日か