TOP > 映画作品を探す > 恐怖の48時間

ヘイスース・ベラスケスギレルモ・ヘルナンデスギルベルト・ガスコンの三人の手になるオリジナル・ストーリーを、テッディ・シャーマン、ギルベルト・ガスコン、フェルナンド・メンデスが脚色、メキシコ出身のギルベルト・ガスコンが製作・監督したアクションもの。出演は「レッド・リバーのガンマン」のグレン・フォード、「サイレンサー・沈黙部隊」のステラ・スティーヴンス、メキシコ俳優のデイヴィッド・レイノソアルマンド・シルベストレホセ・エリアス・モレノなど。製作総指揮にリチャード・ゴールドストーンがあたっている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

砂嵐吹きすさぶ、メキシコの人里離れた鉱山の工場には、いろんな男たちが集まっていたがその中でも、もっとも風変りなのが医師のルーベン(G・フォード)である。医師のくせに彼はつねに酒びたりで、自分で自分の生命をちぢめているようにさえみえる男だったが、それでも、数マイル四方に医師は彼一人というので、貴重な存在であった。そんなある日工事場に慰安婦の一行が到着した。男たちは大喜びで、さっそくパーティが開かれたが、ルーベンはまったく関心を示さず、自室で酒にひたっていた。そんなルーベンに女たちの一人ペルラ(S・スティーブンス)は興味をもった。翌日女たちは去っていったが、ペルラだけは、寝過して残されてしまった。トラック運転手のフォルチュナートが猫にかまれ伝染病にかかるという事件がおき、工事場は大騒ぎとなったが、治療の方法もないままに、狂い暴れた。ルーベンは自分の無能さにうちのめされた。そんな彼に、なぐさめの強い言葉をのこしてペルラは迎えのトラックで去っていった。数日後、ルーベンは自分も伝染病のうたがいがあることを知った。早く町まで行かなければ命があぶない。それには四十八時間の余裕しかなかった。しかも、その前に、ハッパ労働者のパンチョの妻のお産の手術をすませねばならなかった。手術はルーベンの努力で、成功したが、大切な時間は失なわれてしまった。エンジニアのアントニオのジープでパンチョの助けで、ルーベンは町に向った。だが、途中でガソリンが切れてしまい、岩だらけの道をあるくはめになった。時間は、刻一刻とせまっていた。しかし、疲れも加わり、一行の足は遅々として進まなかった。だが、やがて一行の行く手にハイウェイが見えてきた。スクール・バスの子供たちの助けをかり、彼らは町をめざして進んだ。

作品データ

原題 Rage
製作年 1967年
製作国 メキシコ アメリカ
配給 コロムビア
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 恐怖の48時間