映画-Movie Walker > 作品を探す > アンナ・カレニナ(1948)

レオ・N・トルストイの傑作『アンナ・カレニナ』の第三回目の映画化(一九四八年)で、「神々の王国」のジュリアン・デュヴィヴィエが渡英して監督に当っている。製作者アレクサンダーア・コルダの性格を反映して、スタッフは著しく国際的、即ち脚色はフランス劇作家ジャン・アヌイ(「聖バンサン」)、イギリス・ライターのガイ・モーガン(「捕われた心」)及びデュヴィヴィエの協同、撮影は「海の牙」のアンリ・アルカン、音楽は英国でバレエ音楽を多く作曲するコンスタント・ランバート、装置はドイツ映画で活躍したアンドレ・アンドレイエフ、衣裳は英国のデザイナー/画家セシル・ビートンという顔触れである。アンナには「哀愁」のヴィヴィアン・リーが扮し、以下「女相続人」のサー・ラルフ・リチャードソン、アベイ劇場出身のキーロン・ムーア、ヒュウ・デソプスタア、メアリー・ケリッジマリー・ローアサリー・アン・ハウズナイアル・マクギニスマーティタ・ハントらが共演する。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (1)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

俗物的官僚の代表者たるカレーニン(ラルフ・リチャードソン)と政略結婚させられた美貌のアンナ(ヴィヴィアン・リー)が愛なき生活の不満から、貴公子ウロンスキー(キーロン・ムーア)と恋におち、駆け落ちまでするが、男に対する嫉妬と罪の悔悟から、鉄道で自らの生命を絶つ。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 Anna Karenina
製作年 1948年
製作国 イギリス
配給 東和=東宝
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

Anna Karenina ヴィヴィアン・リー
Karenin ラルフ・リチャードソン
Count Vronsky キーロン・ムーア
Stepan Oblonskey ヒュー・デンプスター
Dorry Oblonsky メアリー・ケリッジ
Princess Shcherbatsky マリー・ローア
Prince Shcherbatsky Frank Tickle
Kitty Shcherbatsky サリー・アン・ハウズ
Levin ナイアル・マクギニス
Nicholai マイケル・ガウ
Princess Betsy Tversky マーティタ・ハント
Countess Lydia Ivanovna Heather Thatcher
Countess Vronsky ヘレン・ヘイ
Princess Nathalia Mary Martlew
Countess Meskov Ruby Miller
Colonel Vronsky オースティン・トレヴァー
Princess Sorokina Ann South
Prince Makhotin Guy Verney
General Serpuhousky ジョン・ロングデン
Korsunsky レスリー・ブラッドレイ
Matvey Beckett Bould
Miss Hull Judith Nelmes
Annushka Valentina Murch
Marietta テレーズ・ギーゼ
Kitty's Doctor マイケル・メドウィン
Lawer John Salew
Sergei Patrick Skipwith
Enrico ジーノ・チェルヴィ
Guiseppe ジェレミー・スペンサー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アンナ・カレニナ(1948)