TOP > 上映中の映画作品を探す > 呪われた抱擁

アナトール・フランスの「楽屋裏の話」から、シャルル・ド・パイレ・シャピュイと、クルト・アレグザンンドルが脚色し、劇作家マルセル・アシャールが台詞を担当、「乙女の湖」のマルク・アレグレが監督した。撮影は「宝石館」のルイ・パージュ、音楽は六人組のジャック・イベエル。「凡ての道はロオマへ」のミシュリーヌ・プレール、「美しき争い」のクロード・ドーファン、「ボヴァリー夫人」のルイ・ジュールダンの他、マリオン・マルヴィユマルセル・プランスらが出演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

十九世紀末のパリ。演劇学校を出たばかりのフェリシイ・ナントイユ(ミシュリーヌ・プレール)は、オデオン座の俳優エイメ・カヴァリエ(クロード・ドーファン)に女優としての才能を認められ、彼の推薦でオデオン座に入ることが出来た。彼女を教えるにつれ、カヴァリエは烈しい恋のとりことなり、フェリシイも芝居に対する野心から彼に身を許した。フェリシイは美貌と才気からめきめき人気を上げたが一方弱気で風采の悪いカヴァリエは一向にうだつがあがらず、次第に彼女は彼を軽蔑し、うとんずるようになった。或夜フェリシイは、色事師の若い外交官ド・リニイ伯(ルイ・ジュウルダン)にあい、一瞬でその魅力にひきつけられてしまった。カヴァリエは二人の仲を割こうとあせり出すが、脅しや泣言をきかされるたびに、フェリシイはいよいよ彼を見くだし、ついには顔を合わせるのさえ避けるようになった。嫉妬にかられたカヴァリエは彼女を殺しかねなくなったが、その恐怖から却って彼女はリニイに近ずき、二人はかくれ家にひきこもった。あとをつけたカヴァリエは、二人を前にして、うらみの言葉と共にピストル自殺をして果てた。以来彼女の夢枕には血に染ったカヴァリエが現れ、つきぬ恐れから彼女は彼の墓に訪でてリニイと逢わぬことを約束した。一ケ月後、フェリシイは事件後始めてリニイと会い、誘われるままにかくれ家に行った。が彼の腕の中で彼女は突然カヴァリエの最後の姿と言葉にさまたげられた。のち、年毎にフェリシイの女優としての地位は高まって行ったが、舞台を降りた彼女は哀しみも歓びもしらぬひとりの老嬢であった。

作品データ

原題 Felicie Nanteuil
製作年 1942年
製作国 フランス
配給 東和商事=東宝
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 呪われた抱擁