ある日アンヌは|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ある日アンヌは

1969年11月1日公開
  • 上映館を探す

フランスでベストセラーとなったアルベティーヌ・サラザンの原作を、TV界出身のギイ・カザリルが脚色、監督した。撮影は、エドモン・リシャール、音楽は、ジョス・バゼリ、編集は、ジャン・ジャック・ポヴェールが担当。製作は、ピエール・ブロンベルジェ。出演は「パリの大泥棒」のマルレーヌ・ジョベール「イスタンブール」のホルスト・ブッフホルツ、他に、マガリ・ノエル、ジョルジュ・ジェレ、クロード・マルコーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

十九歳の非行少女アンヌ(M・ジョベール)は、未成年の売春でつかまり、服役していたが、先に釈放されたレスビアンの相手ローランド(C・マルコー)恋しさに、脱獄を企てた。が、アンヌは、監獄の塀を飛びおりたとたん、足をくじいてしまった。泥棒のジュリアン(H・ブッフホルツ)は、たまたまそこを通りがかり、アンヌの身の上を知り同情して、娼婦アニー(M・ノエル)のアパートに、彼女をかくまった。アンヌの手術費をかせぐため、また盗みをはじめるようになったジュリアンは、アンヌを父のような愛情でいたわった。がアンヌは、しだいに窮屈な逃亡生活に嫌気がさし、アパートで一人暮らしをするようになった。やがてジュリアンの足も遠のいていった。そんなある日、アンヌはジュリアンが母の勧める結婚をしたと聞き、わけのわからぬ嫉妬を感じた。その後、アンヌは昔のお得意ジャン(G・ジレ)のもとで暮らすようになっていたが、ジュリアンと会えなくなって、はじめて彼への愛に気づいたのだった。一方、ジュリアンは、アンヌのために犯した罪で刑務所行きとなっていた。これを知ったアンヌは、ジュリアンに何度も手紙を書いたが、出すことはできなかった。夏のある日ジュリアンは釈放された。彼は、まっすぐアンヌのもとへ向かい、そこで彼女の気持を知った。が、その時、アンヌに警察の追手が迫り、つかのまの再会の後、アンヌの手には、冷たい手錠がかけられたのだった。

作品データ

原題
I'astragale
製作年
1969年
製作国
フランス
配給
コロムビア

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?