豹/ジャガー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

豹/ジャガー

1969年9月6日公開
  • 上映館を探す

マカロニ・ウェスタンのヒーロー、フランコ・ネロが久しぶりに主演する残酷西部劇。フランコ・ソリナスとジョルジョ・アルロリオのストーリーから、ルチアーノ・ヴィンセンツォーニ、セルジオ・スピーナとセルジオ・コルブッチが脚色。「さすらいのガンマン」のコルブッチが監督した。撮影はコルブッチとコンビのアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽はおなじみのエンニオ・モリコーネとブルーノ・ニコライの担当。出演は、ネロの他「刑事」のトニー・ムサンテ、「プロフェッショナル」のジャック・パランス、「地上最大の脱出作戦」のジョヴァンナ・ラリなど。製作はアルベルト・グリマルディ。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

早射ちの殺し屋ビル・ダグラスことセルゲイ・コワルスキ(F・ネロ)は、精悍なジャガーのような男だった。今度の雇い主は、メキシコ国境に銀鉱をもつ富豪アルフォンソ・ガルシア(E・ファハルド)。ガルシアは、革命の気配のあるメキシコから安全な場所へ銀を移すため、護送を頼んできたのだ。ところが、殺し屋の商売仇エラム・ブリッグス(J・パランス)が取引に割りこんできた。ビルが鉱山に着くと、すでにメキシコ人抗夫エウフェミオ(T・ムサンテ)のひきいる革命軍に占拠されていた。ガルシアは、銀をひそかに井戸にかくし、ふみこむと爆発するしかけをしていた。一方、エラムはガルシアの用心棒となり、革命鎮圧に参加していた。この間、ビルはまったく無関心。ゼニにならなければ何もやらないのが彼の主義だ。彼はエウフェミオから金を受けとると、革命軍のためにひと仕事した。おかげで、エウフェミオはビルに惚れこみ、あり金をはたいて参謀にやとった。ビルの指導のもとに、革命部隊は町々を解放した。途中で、一人の美しいメキシコ娘コルンバ(G・ラリ)が一行に加わった。ガルシアが、軍隊を連れて討伐に来るという情報が入った。輸送列車を襲撃したりして、革命軍に資金もできた。だが、ある時、革命軍は軍隊に壊滅され、エウフェミオとコルンバは命からがら逃げた。首に懸賞金をかけられたものの、エウフェミオはエラムを倒した。だが、エウフェミオとビルは、ついに捕えられてしまった。それを救ったのはコルンバだ。ガルシア一味を倒したビルは、未だ革命の理想に燃えるエウフェミオを残し去って行った。

作品データ

原題
A Professional Gun
製作年
1969年
製作国
イタリア スペイン
配給
ユナイト

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • ペンギンのヨッド

    4
    2017/7/28

    この映画のブルーレイが間もなく発売されるが、自分がイタリア西部劇を必死に追いかけてた30年前と比べたら、夢のような話である。あの頃はビデオレンタルブームで、大量の映画ソフトが放出されたがイタリア西部劇のソフトはごくわずかしかなかった!何故か?それはあの頃はイタリア西部劇は、まがい物のゲテモノ扱いされてのだ!特に当時の映画業界の重鎮はこのジャンルが大嫌いで、そのせいか重鎮が司会として名を連ねるテレビの洋画劇場では、ほとんど放映されず、たいがいお昼か深夜にしか放映されなかった。そのせいでこちらも古本屋でチラシやパンフレットを探すしか、イタリア西部劇に触れる機会が無かった。実にお寒い冬の時代だった!で、本作であるが金を貰わなければ完全無視の銭ゲバ傭兵と無学で単純だが、革命に闘志を燃やす若者が、強大な政府軍に戦いを挑む展開は今観てもスリリングで面白い!イタリア西部劇で人気が出たら、さっさと母国へ帰っちまったクリント・イーストウッドが本場で撮った西部劇より100万倍よろしい。30年前のイタリア西部劇の迫害には本当に腹が立つ!そういやあ、当時劇場で観たイーストウッドの「ぺイルライダー」全然面白くなかった。当時この「豹・ジャガー」が観れてたら、どんなにか幸せだったか!映画はマスコミの批評より、自分の眼で観るのが一番ですね!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告