地獄の戦場コマンドス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

地獄の戦場コマンドス

1969年8月9日公開
  • 上映館を探す

ドン・マーティンとアーサー・ブラウナーの原案をルチオ・マンリオ・バティストラーダ、アルマンド・クリスピノ、ステファノ・ストルッチ、ダリオ・アルジェントが脚色、アルマンド・クリスピノが監督した戦争アクション。撮影はベニト・フラッタリ、音楽はマリオ・ナシンベーネが担当した。出演はリー・ヴァン・クリーフ、ジャック・ケリーほか。製作はクロシキ・アンド・サンソネ。イーストマンカラー、ワイドスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九四二年十月。北アフリカの米軍キャンプでは、サリバン軍曹(L・バン・クリーフ)指揮のもと、選びぬかれた少数の兵士たちが、ある特殊訓練を受けていた。彼らの訓練とは、イタリア人になりすますこと。というのは、イタリア軍が占拠している広大な砂漠のオアシスを奪い、連合軍上陸まで確保せねばならない。そして奪取が成功したら、イタリア兵に偽装して、イタリアの同盟国ドイツを、壊滅することになっていた。かくしてイタリアの軍服に身をかためた謀略部隊は、オアシス占拠に成功した。だが、それからが大変だった。やがてドイツ兵がやってきた。アメリカ兵たちは懸命にイタリア兵に化ける。いざという時のために、天井からマシンガンをかまえることも忘れない。なんとか無事にドイツ軍を見送ると、こんどは捕虜にしていた本物のイタリア兵が集団脱走。灼熱の砂漠で大追跡が始まった。だが、本物のイタリア兵を乗せたトラックは地雷につっ込み大爆発。ひとまず危険は去ったと思ったものの、一人だけ、地雷につっ込んでも生き残った兵士がいた。彼は息も絶え絶えにドイツ軍基地まで行き、ことの次第を報告。やがてオアシスに、ドイツ軍が大拠して攻撃にやってきた。アメリカ謀略部隊と大激戦。双方一人ずつ残して全滅であった。生き残った二人は敵味方に分れてはいるものの、お互に戦争のむなしさを語るのだった。

作品データ

原題
Commandos
製作年
1969年
製作国
イタリア ドイツ
配給
大映第一フィルム

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • 晴耕雨読

    3
    2009/6/6

     イタリア人が面妖なことを証明したようなW・W・Ⅱの戦争映画であり、主演スターはリー・ヴァン・クリーフやジャック・パランスといったハリウッド発性格俳優たちであり、これにイタリア人のジャンニ・ガルコやジョージ・ヒルトンといったイタリア製西部劇の面々がアメリカ軍に扮して、ムッソリーニのファシズム政権イタリア軍やヒトラーのナチスドイツと戦うのですから開いた口が塞がりません。まぁ!あまり深く追求すると、イタリア人のことですから、「サハリン生まれのスキンヘッドの俳優が西部劇で主役を張っているじゃないか!」と先制攻撃をされ、挙句の果てには、「カーク・ダグラスだってスパルタカスを演じたじゃないか!」とトドメをさされそうなので、イタリア人の野放図、楽天性、大胆不敵さを大目に見てあげましょう。

     「地獄の戦場・コマンドス」という題名だけでNGを出される人もいるでしょう。しかし、この作品の脚本には「サスペリア」のダリオ・アルジェントも参加しているのです。よって、映画はイタリア製西部劇の大量殺戮以上に大量の殺戮シーンが登場して、アルジェント・ホラー映画の残虐性が加味され世も末のような展開となるのです。物語はリー・ヴァン・クリーフやジャック・パランスがコルト45やウィンチェスター・ライフルをマシンガンやバズーカ砲に持ち替えて、何とイタリア軍基地を襲撃するのですが、イタリア映画の無節操さは承知の上でも、こうもイタリア軍が惨めにやっつけられてしまう光景に、これは戦争アクション映画ではなく反戦映画なのではないかと自問自答してしまいました。…イタリアン・ネオ・レアリスモの名作「戦火のかなた」、「無防備都市」を監督したロベルト・ロッセリーニがこの映画を鑑賞したら何と言うでしょう(!?)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告