映画-Movie Walker > 作品を探す > 中国女

ジャン・リュック・ゴダール14本目の長編。むろん彼自身の脚本・監督で、紅衛兵と文化大革命を67年のパリを舞台に描いたもので、映画を武器にした政治参加の作品といわれている。撮影はヌーヴェル・ヴァーグ一派の名手ラウール・クタール、音楽はクロード・シャンヌ、編集はアニエス・ギュモの担当である。出演はゴダールと結婚した新進女優アンヌ・ヴィアゼムスキー、「夜霧の恋人たち」のジャン・ピエール・レオーらの他にソルボンヌ大学の哲学教授であり、アルジェリア戦線からの脱走兵をかくまった〈ジャンソン機関〉の結成者フランシス・ジャンソンが特別出演している。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一九六七年のパリ。哲学科の女子学生ヴェロニク(A・ヴィアゼムスキー)、俳優のギヨーム(J・P・レオ)、経済研究所に勤務するアンリ、画家のキリロフ、農村出の元売春婦イヴォンヌという思考も経歴も違う五人の若者たちが共同生活を始めた。「何かが変らなくてはならない」と望む彼らは、暴力とヒューマニズム、思想とモラル、文化行動の問題などをめぐってティーチ・インを続けていた。マルクス・レーニン主義の学習を通じて次第に毛沢東心酔者になっていく。これらの主義に生きるロビンソン・クルーソーのように--。大学教育の改革を主張するヴェロニクは、報告会の席上で、ある外国文化人の暗殺を提案する。反対したアンリは、修正主義者としてグループから除名され、暗殺者として名乗り出たキリロフは神とマルクス主義との間で死の幻影にさいなまれ、自殺。残りは三人になった。郊外を走る列車の中で、ヴェロニクは偶然フランシス・ジャンソン教授に出会う。〈ヒューマニズムと恐怖〉をめぐって、話しあううち、彼女は次第に行動に走るのを、ちゅうちょしはじめるかのようであった。だが暗殺は決行され、まったく無関係な人物まで殺してしまった。……数ヵ月の共同生活は終った。ギヨームは巡回演劇で忙しい。ヴェロニクは、一人になってしまったアパートを出ていこうとしている。いまやバカンスは終り、新学期が始まったこと、そして闘いが、ようやく始まろうとしていることをかみしめながら……それは、ある〈大長征〉の第一歩であった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 La Chinoise
製作年 1967年
製作国 フランス
配給 フィルムアート社
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

「JLGは神様のような存在」新進女優ステイシー・マーティン、“生ける伝説”への敬意を語る
「JLGは神様のような存在」新進女優ステイシー・マーティン、“生ける伝説”への敬意を語る(2018年7月14日 15:10)

フランス映画界の生ける伝説ジャン=リュック・ゴダール監督が、2番目の妻である女優アンヌ・ヴィアゼムスキーと過ごした日々を、『アーティスト』(11)でアカデミー賞…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 中国女