太陽が知っている|MOVIE WALKER PRESS
MENU

太陽が知っている

1969年4月26日公開
  • 上映館を探す

ジャン・クロード・カリエール、ジャン・エマニュエル・コニル、ジャック・ドレーの三人によるシナリオを、「ある晴れた朝突然に」のジャック・ドレイが監督した。撮影は「さらば友よ」のジャン・ジャック・タルベス、音楽は「華麗なる賭け」のミシェル・ルグランが担当。出演は「あの胸にもういちど」のアラン・ドロン、「夏の夜の10時30分」のロミー・シュナイダー、「ペルーの鳥」のモーリス・ロネ、「ナック」のジェーン・バーキンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

太陽がまばゆいサントロペの豪華な別荘でジャン・ポール(アラン・ドロン)とマリアンヌ(ロミー・シュナイダー)は快適な休暇を過していた。しかし、マリアンヌが招待したハリー(モーリス・ロネ)とその娘ペネロープが別荘にやって来てから雰囲気は一変した。ハリーとマリアンヌはかつての恋人同士。そしてハリーは、ジャン・ポールの前に、今でも彼女を自分のものにする自信があるといい、自分に対し劣等感と憎悪を抱いているジャン・ポールに対し、露骨に軽蔑の態度をあらわすようになった。一方、マリアンヌは、ジャン・ポールとペネロープの間が心配だった。そして彼女はジャン・ポールを嫉妬させるため、わざとハリーと戯れた。数日後、ジャン・ポールとペネロープはハリーとマリアンヌが抱きあっている姿を見てしまった。ペネロープは父への反感からジャン・ポールの恋人になったが、次第に真の愛情を感じるようになっていった。娘を思うハリーは、酒をのんでジャン・ポールと喧嘩した。酔ったハリーはプールに突き落された。突然ジャン・ポールの胸に激しい憤りがわいた。プールから上ろうとするハリーの顔を、ジャン・ポールは水の中へと押しつけた。ハリーは死んだ。マリアンヌは事実を知っていたが、なにもいわなかった。ペネロープは母親のもとへ帰っていった。執擁な警察の調べにも、ジャン・ポールは動ぜず、殺人は完全犯罪となった。しかしジャン・ポールとマリアンヌの仲はもとにもどらなかった。愛し合っていた二人から、殺人者と真実を知りながら沈黙した共犯者という結びつきにかわった。彼らのこれからの生活は地獄にかわった。

作品データ

原題
La Piscine
製作年
1968年
製作国
フランス
配給
ヘラルド

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • たっかん

    2
    2014/7/9

    アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、モーリス・ロネ、ジェーン・バーキンと出演者は好きな俳優ばかりで良いのに、物語が中途半端で残念な映画だった。

    特に、ロミー・シュナイダーは色っぽく、「夏は嫌い、激しすぎる」といったセリフが印象的。

    前半は「これから盛り上がるのかな?」と思っていると、中盤で事件が起こり、そのあと少しばかり(刑事が出てくるあたり)は「おっ、盛り上がって来たかな?」と思っていると、尻つぼみで物語は「終了」。

    この邦題の『太陽が知っている』は、あの傑作『太陽がいっぱい』のモジリかもしれないが、事件発生時は太陽が出ていない夜なので「太陽は知らない」が正しい気がする。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告