あの胸にもういちど|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あの胸にもういちど

1968年12月21日公開,92分
  • 上映館を探す

アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグの原作を、ロナルド・ダンカンが脚本化し、「長い船団」「殺しのエージェント」のジャック・カーディフがアダプトし監督・撮影したもの。音楽はレス・リードが担当している。出演は「さらば友よ」のアラン・ドロン、歌手のマリアンヌ・フェイスフル、「遥かなる戦場」のロジャー・マットン、「25時」のマリウス・ゴーリングなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

朝、小鳥のさえずりは聞えているが、まだ完全には明けきっていない。軽い寝息をたてている夫レイモンの傍を離れると、レベッカ(M・フェイスフル)は黒皮のレーサー服に裸身をすべりこませ、部屋を出た。裏庭の車庫から、ディオニソスと名づけた一二〇〇CCのオートバイを引きだすと、ハイデルベルクへ向けて出発した。ハイデルベルクには、恋人ダニエル(A・ドロン)がいる。四ヵ月前、レベッカはレイモンとの婚約旅行のスキーの宿でダニエルをみた。ダニエルは、レベッカの父が経営する本屋に、しばしばあらわれる大学の教師だった。その夜、レイモンはレベッカの部屋に入ってきたが、寝入ったふりをしていた彼女に、軽い口づけをしただけで立去って行った。そしてしばらくして、バルコニーから一人の男が入ってきた。レベッカはその男にだかれた。彼女は、その男がダニエルであることを知っていた。旅行から帰ってから、ダニエルは再びオートバイを駆って来た。父親の許可を得、レベッカを連れだすと、田舎のホテルの一室で彼女を抱いた。その帰り彼女はオートバイの乗り方をダニエルに教わった。その時から、彼女はオートバイに魅せられた。数日後、レベッカはレイモンと結婚した。その時、ダニエルはディオニソス号を彼女におくった。彼女は、そのディオニソスを駆って、今、ダニエルに会いに行こうとしている。彼女は想像する。数分後にダニエルに抱かれている自分を。がその瞬間、大型のトラックがオートバイもろとも彼女をはねとばした。一瞬、レベッカの身体は、空中にとんだ。

作品データ

原題
La Motocyclette
製作年
1968年
製作国
フランス
配給
東和
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • モッピー

    4
    2020/4/13

    フランス映画全盛期、主演アランドロンで不倫愛にも奔放な古き良き時代のフランス映画~♪ざんすざんすでいくざんす~(*´з`)
    全裸にピッチピチ黒革ライダーツナギ着込んだのレッベカ(マリアンヌ・フェイスフル)のファスナーを降ろすアランドロンが憎くたらしくて羨ましくてフランスでは日常的にこんな事やってるんか~?とかの妄想に耽ったバカなガキんちょが密かにフランス憧れた作品
    本作品に魅了され影響された著名人数多くおおすみ正秋、モンキーパンチ、井筒和幸、内藤誠等・・・
    「ルパン三世」峰不二子のモデルが本作品のマリアンヌ嬢であることは周知の事実

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告