さらば友よ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

さらば友よ

1968年10月20日公開,115分
  • 上映館を探す

「シンデレラの罠」の原作者として知られるセバスチャン・ジャプリゾとジャン・エルマンの脚本を、日本ではこれが初登場の新鋭ジャン・エルマンが監督したアクションもの。撮影はジャン・ジャック・タルベス、音楽は、「サムライ」のフランソワ・ド・ルーベ。出演は「サムライ」のアラン・ドロン、「特攻大作戦」のチャールズ・ブロンソン、オルガ・ジョルジュ・ピコ、「禁じられた遊び」の名子役ブリジット・フォッセーが十六年ぶりにスクリーンに登場。製作はセルジュ・シルベルマン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

戦争も末期のある寒い朝アルジェリア帰りの兵士たちを乗せた船が、マイセイユについた。その中に、軍医のディノ・バラン(A・ドロン)もいた。そのバランに「モツアルトの友人のバランさんでしょ?」といきなり若い女が話しかけてきた。バランは表情もかえず無視して歩き続けた。同じ船からアメリカ人軍曹で、戦争を商売にしてきたフランツ・プロップ(C・ブロンソン)もおりた。彼は部下をかきあつめ、次はコンゴに出かけ一稼ぎしようと企んでおり、それには軍医が必要と、バランをくどいていた。そのプロップを殴り倒し、バランは彼を追ってきた若い女の車に乗った。女はイザベルといい、彼女はモツアルトに頼んでおいた約束を、バランに代行して欲しいと頼んだ。その仕事というのは、イサベルはパリの広告会社に働いているが、会社の債券をひそかに持ちだし利用していた。年末の決算も近づいたので、それを金庫に返さなければならない。地下室のもとモツアルトのいた医務室の隣りに金庫がありクリスマスの連休の間に、それを返してほしいというのだ。バランはその仕事をひきうけ、医務室にハイスピード分解写真装置のついたカメラを持ち込み、金庫室の見通せる小窓にそれをセットした。金庫の七つのダイヤルの組合せ番号を盗み出そうというのである。金曜日は会計簿をしまうために金庫が開けられることになっていたがその日は社員のボーナス、月給を含めて二億フランの現金がしまわれるのを知って、バランの目的はかわった。債券を返して同時に、中身をいただこう。だが、カメラは七つのダイヤルのうち、三つしか写してなかった。組合せは無数にあり、時間は三日三晩しかない。バランが作業を開始したとき、ふらりとプロップがあらわれた。いまさら彼を追いかえすわけにもいかず二人は一緒に、仕事をはじめた。が、ふとしたことから金庫室の中に二人はとじこめらわてしまった。男二人の間に奇妙な友情が生じた。そこでディノはかつてアルジェリアで、親友モツアルトとの関係も語りだした。そして長い苦闘の末、遂に金庫は開いた。しかし中はからっぽだった。壁をしゃにむにくずし、通風孔をとおり、医務室に脱出したが部屋には、警備員の死体がころがっていた。バランは罠にかけられたことを知った。恐らくバランが作業にかかる前に、誰かが金を盗み出し、警備員を射殺し、罪をきせようとしたのだ。バランとプロップは別々に逃げた。二億フランの金庫破りと、警備員殺しのニュースは派手にかきたてられ、非常線がはられた。プロップは空港でその非常線に引っかかったバランを救うため、自分が捕えられた。一方バランは、イザベルの行方を探して、医務室の助手をしているドミニクのところを訪ねた。そこでバランは、おぼろげながらではあるが真相をつかみかけた。盗聴されることを計算にいれバランは、警察に捕えられているプロップに電話した。その後、ドミニクを連れて、医務室に行き、イザベルのカルテをさがさせた。バランの背中に銃がつきつけられた。イザベルだった。金をとり警備員を射殺したのは、イザベルとドミニクの共犯だったのだ。だが、ビルには警察官たちもひそんでいた。それに気づいて逃げるイザベルとドミニク。同性愛の関係にある二人を警官は射殺してしまった。ディノの制止も聞かず……。事件は終った。他の事件で再び刑事に連行されるプロップの煙草に、バランは無言で火をつけてやった。

作品データ

原題
Adieu L'ami
製作年
1968年
製作国
フランス
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
115分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • Qちゃん

    3
    2019/9/29

    意外な展開が続くので、まったく飽きずに観られるサスペンス的アクションありの映画。
    アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンの微妙な距離感がイイ感じ。
    観終わってスッキリする系の映画だった。

    物語は、戦場から帰って来た兵士の中にいた軍医(アラン・ドロン)に接触してくる女性がいたが彼女は他の軍医を探していた。その近くにいた帰還兵(チャールズ・ブロンソン)もいて、彼は「金の匂いがする感覚」が鋭い。そして、アラン・ドロン周辺に金の匂いがするので、付きまとうことになる。
    アラン・ドロンは、女性から「会社の債券を使い込んだのだが、その債券を金庫に戻して欲しい」と持ちかけられる。実行はクリスマスの三連休。そしてどういう訳かアラン・ドロンは引き受けることになるのだが、その金庫にはクリスマス直前に大金が格納されることも判明。
    すると、これまた何故かチャールズ・ブロンソンが「じゃあ、大金はいただこう!」と言い出すのだが、アラン・ドロンは断る。
    しかし、またまた何故だか「二人で大金いただこう」という話になり、いざ実行!…となるのだが……という展開。

    このように、不思議な成り行きで物語が進んで行く「雑な展開」ではあるものの、それを気にしなければ、楽しく見られる(笑)
    終盤、凄い展開になっていくのが楽しい!

    劇中、チャールズ・ブロンソンが水面張力でコーヒーなどが入ったコップに5枚のコインを入れる場面が印象的だが、こうしたコイン入れシーンはワンカットで撮影すべきではないか?…と思った。カットをつないでいるので、コップの水面張力が減っている気がした場面あり。

    全体的に割と面白いサスペンス的な映画だった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • パライバ

    3
    2015/10/28

    今更ながら、新・午前十時の映画祭にて本日鑑賞。
    美男子の代名詞アラン・ドロン。男くささで一世を風靡したチャールズ・ブロンソン。それぞれ素敵。
    フランス映画だと思っていたが、今日は全編英語だった気がするんだけど?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 晴耕雨読

    5
    2009/7/27

     チャールズ・ブロンソンをスターダムに伸し上げた記念すべきフレンチ・フイルムノワールの傑作。「アルジェの戦い」で傷つき疲れ果てたフランス軍の兵士たちが故郷のマルセイユに辿り着くシーンあたりからワクワクとさせてくれますが、フランス軍の軍医を演じているアラン・ドロンもハリウッド映画界への進出が失敗に終わり、出演したフランス映画でもあるので、敗残兵の心境がアラン・ドロン本人とダブってくるのです。

     原題の「Adieu L’ami」は皆様もご存知のように、フランス語での永遠にさようならの意味があり、この言葉はラストシーンでチャールズ・ブロンソンから発せられます。ブロンソンの銜えた煙草に、共犯のドロンが無言で火をつけてやるシーンのスタイリッシュさは、流石はフレンチ・フイルムノワールと感激させるのです。監督のジャン・エルマンは当時の名シナリオライターのセバスチャン・ジャプリゾと共同脚本を上梓して、ドロンのフランス映画復帰を図りますが、ブロンソンに喰われてしまったようですね。セバスチャン・ジャプリゾはフランス映画界の名匠ルネ・クレマン監督と組んで、「雨の訪問者」で再びブロンソンの魅力をいかんなく引き出しましたが、この映画は私にとっても思い出深い作品となりました。

     アラン・ドロンの正式フランス映画カンバックはジャン・ピエール・メルビル監督の「サムライ」の方が彼の魅力が発揮されていますが、「サムライ」、「さらば友よ」双方で音楽を担当したフランソワ・ド・ルーベの旋律は緊張感溢れる「さらば友よ」の方に軍配を上げます。それにしても満杯の液体が表面張力化したグラスにコインを入れるゲームは真似をした人が沢山いるのではないでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告