レッツ・ゴー! ハーマンズ・ハーミッツ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レッツ・ゴー! ハーマンズ・ハーミッツ

1968年8月31日公開
  • 上映館を探す

“ミセス・ブラウンのお嬢さん”で売りだしたマンチェスター・サウンズの代表的なグループ『ハーマンズ・ハーミッツ』が主演する音楽コメディ。トレヴァー・ピーコックとサデューズ・ベーンの脚本をソール・スイマーが監督にあたった。撮影はジャック・ヒルドヤード、音楽はハーマンズ・ハーミッツ自身の手による。出演はハーマンズ・ハーミッツの五人(ピーター・ヌーン、デレク・レッケンビー、カール・グリーン、キース・ホプウッド、バリー・ホイットハム)、「マイ・フェア・レディ」のスタンリー・ホロウェイ、「ふたりだけの窓」のマージョリー・ロードス、「茂みの中の欲望」のシーラ・ホワイト、新人サラ・コールドウェルほか。製作はアレン・クレイソン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリスのマンチェスター。音楽好きのハーマン(P・ヌーン)は祖母と二人暮しだ。彼は仲間のデレク、カール、キース、バリーの五人でサウンド・グループを作っていた。彼らはロンドンに出て名をあげるチャンスをねらっていたが、貧しくて、その旅費さえない。彼らの頼みの綱は、ハーマンが死んだ祖父から受けついだレース用の犬だ。この犬をレースに出し賞金を得ること。作戦は図にあたり、みごと優勝。五人はロンドンに向うことにした。このレースの時、ハーマンはロンドンのブラウン夫妻と彼らの娘ジュディと知りあった。ハーマンは彼女を一目みるなり好きになり、ロンドンで会う約束をした。ロンドンに着いた一行は、着く早々、まんまとペテン師にひっかかり、虎の子を巻きあげられてしまった。彼らに手をさしのべたのはブラウン夫妻である。宿舎をあたえ、一流ナイトクラブでの仕事さえ見つかった。そのうえハーマンの愛犬がダービーの決勝レースに出場することになった。どうやらツキが回ってきたらしい、と思ったが、そんなうまい話ばかりは続かない。恋人ジュディがモデルとして、写真家とともに南仏に出かけてしまい、そのうえ、愛犬が行方不明になってしまった。ナイトクラブでの演奏も捨て捜しまわったが無駄だった。五人は、すべてを捨ててマンチェスターに引揚げた。そして、ある日、行方不明だった愛犬がひょっこり帰ってきた。一流ナイトクラブでの仕事は失った五人だったが、ロンドンでの数日間ですっかり大人になったのだ。そして、ハーマンは、これまで気づかなかった、隣家のお転婆娘テューリップの美しさを、いまさらのように見直すのだった。

作品データ

原題
Mrs. Brown You've Got a Lovery Daughter
製作年
1968年
製作国
イギリス
配給
MGM

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?