黒衣の花嫁|MOVIE WALKER PRESS
MENU

黒衣の花嫁

1968年10月9日公開
  • 上映館を探す

コーネル・ウーリッチの同名小説を、「華氏451」のフランンワ・トリュフォーとジャン・ルイ・リシャールのコンビが脚色し、フランソワ・トリュフォーが監督した、サスペンス・ミステリー。撮影は「軽蔑」のラウール・クタール、音楽はベルナール・エルマンが担当、衣裳にピエール・カルダンがあたっている。出演は「マドモアゼル」のジャンヌ・モロー、「スエーデンの城」のジャン・クロード・ブリアリ、「盗みのテクニック」のクロード・リッシュ、ミシェル・ブーケ、ダニエル・ブーランジェなど。製作はオスカー・リュウエンスティン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

コート・ダジュールのアパートで独身生活を楽しんでいるブリス(C・リッシュ)のもとに見知らぬ、美しい女が訪れた。折からパーティが開かれていて、出席していた、ブリスの親友コリー(J・C・ブリアリ)は、彼女から鮮烈な印象をうけた。女はブリスを誘ってテラスに出た。その直後、ブリスはテラスから墜死し、女は姿を消した。そこからほど遠くない市に、銀行員コラルがいた。ある日、コラルのもとに音楽会の切符が届けられた。独身者のコラルは心をはずませて出かけた。音楽会の桟敷には、美しい女が待っていた。そして彼女は、翌晩コラルのアパートを訪れる約束した。約束どおり女は、コラルの好物である酒をみやげに、アパートにあらわれた。が、酒には青酸カリが仕込まれていた。床を這うコラルを残して、女は立ち去った。次に女は若手政治家モランの家に、モランの息子の幼稚園の先生と名のり、夫人が留守で困っているだろうから、子供の世話をしにきたといってあらわれた。夫人は母危篤の電報で旅発っていた。子供をベッドにねかしたあと、女は、指環を落したといい、モランは階段下の物置に入って捜した。その時、不意に物置の扉がしまり、隙間はセロテープで目張りされた。「なぜ?」モランの質問に女は答えた。女=ジュリー(J・モロー)は、子供の時から愛し合っていたダビッドと結婚式をあげたが、教会の玄関を出た時、ダビットは一発の銃弾に倒れた。ジュリーの心はこの時から死んでしまったのだった。モランは思いだした。いつか、ブリス、コラル、フェルグス、ダルローら五人の狩猟仲間と、ふざけて教会の風見の鶏を射とうとして……。だが、僕じゃない。モランはさけんだ。が呼吸は次第に苦しくなっていった。翌日、モランは死体となって発見された。次にジュリーは、ダルローの前にあらわれた。がここで意外なことが起った。パトカーでダルローは逮捕されたのだった。画家のフェルグスの前にジュリーは、モデルとしてあらわれた。彼はジュリーをモデルにダイアナを描きはじめたが、次第に彼女にひきつけられた。そんなある日、アトリエを訪れた友人たちの中にコリーがいた。コリーは、どこかでジュリーを見たことがあると思い、それがブリスやモランであることに気づいたのは、ジュリーがダイアナの矢でフェルグスを殺害した後だった。ジュリーは捕えられた。監獄に入り、給食係となったジュリーは、残る一人で引金をひいた張本人ダルローを、独房の中で、刺殺した。

作品データ

原題
La Mariee Etait en Noir
製作年
1968年
製作国
フランス イタリア
配給
ユナイト

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • みんめん

    4
    2014/10/22

    物語は、新婚の夫を殺された新妻が次々に関係者を殺していくというシンプルともいえるお話し。
    けれど、それをフランスという舞台、フランス語という言語、ピエール・カルダンの白と黒のみで作られた完璧といえる服が作り出す雰囲気、そして殺される5人の男たちの凡庸さ、ふがいなさがジャンヌ・モローの美しさ、役柄の異様さをより浮き立たせている。
     殺人事件という話とは別に、私にはトリュフォーの「子供」の理解度のすごさを感じる映画でもあった。それは、ヒロイン、ジュリーが殺そうとする相手の子供のあしらいを見ていて思ったことだ。子役(とってもかわいい!)はたぶんほとんど演技としてはやっていないと思う。だからこそ、ヒロインの冷酷さが際立つ「殺し」の一つになっている。
    いろいろな美しさとともに、トリュフォーの魅力が味わえる映画だと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告