TOP > 映画作品を探す > 殺して祈れ

アドリアーノ・ボルツォーニアルマンド・クリスピノルチオ・マンリオ・バティストラーダのシナリオを、「帰って来たガンマン」のカルロ・リッツァーニが製作・監督した西部劇。撮影はサンドロ・マンコーリ、音楽は「女と女と女たち」のリズ・オルトラーニが担当している。出演は、「群盗荒野を裂く」のルー・カステル、「愛は限りなく」のマーク・ダモン、それに「奇跡の丘」の監督ピエル・パオロ・パゾリーニバーバラ・フレイなど。

5/5
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ミズーリ州サン・アントニオの近くで、一団のアメリカ人とメキシコ人の間に、土地分配に関する協定が結ばれた。が、これはアメリカ人が仕組んだワナで、次の瞬間、廃墟の蔭から銃が火を吹き、メキシコ人全員が射殺された。そのなかで、たった一人のメキシコ少年だけが生き残った。彼は通りかかったアメリカ人の牧師にひろわれた。そして十年。少年は立派な若者(L・カステル)に成長、牧師の姪プリンシーと愛を語るようになった。ところがある日、そのプリンシーが近くの町に来た旅芸人一座にかどわかされ、行方をくらましてしまった。若者は、牧師がくれたバイブルと、拳銃を持って、プリンシーをさがしに出かけた。求めるプリンシーは人手から人手へと流れ、サン・アントニオの町で、町のボス、ファーガソン(M・ダモン)の手下ライトによって監禁同様の身の上で、しかも男たちのなぐさみものになっていた。若者はファーガソンの邸に乗り込みプリンシーをかえしてくれるようたのんだ。ファガーソンの提案になる残酷な射撃ゲームに勝った若者は、プリンシーをつれて、オシのメキシコ老人が提供してくれた隠れ家に帰った。そこで若者は、オシのメキシコ人から意外な事実を聞いた。十年前ダマシ射ちにされたメキシコ集落の長の息子が自分であり、殺した張本人はファーガソンであるというのだった。事態は急変した。若者のスキをうかがい、ファーガソン一味は老人を殺し、さらにプリンシーを誘拐、殺害した。そして現場にかけつけた若者も捕えられ、リンチをうけた。そんな彼を、ファーガソンの妻エディーヌが逃してくれた。彼女は十年前の事件の時、夫を殺され、強引にファーガソンの妻にさせられていたのだった。だが、若者を逃がしたことがばれ、彼女も殺された。そこへメキシコ革命派のファンをリーダーとする数名があらわれ、共に白人を倒そうということになった。そしてついに、ファーガソンも若者の拳銃に倒れた。

作品データ

原題 Requiescant
製作年 1967年
製作国 イタリア
配給 日本ヘラルド映画
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 殺して祈れ