女と将軍|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女と将軍

1968年5月23日公開
  • 上映館を探す

マッシモ・フランシオーサとパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレのストーリーを、カンパニーレとルイジ・マレルバが脚色、脚本家出身(「祖国は誰れのものぞ」「ベニスと月とあなた」など)のパスカーレ・フエスタ・カンパニーレが監督したユーモラスなタッチの戦場もの。撮影は「バンボーレ」のエンニオ・グァルニエリ、音楽は「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のエンニオ・モリコーネが担当した。出演は「夜の大捜査線」のロッド・スタイガー、「25時」のヴィルナ・リージ、「マドモアゼル」のウンベルト・オルシーニほか。製作はカルロ・ポンティ。メトロカラー、メトロスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イタリアとオーストリアの国境地帯。イタリア兵タラスコーニ(U・オルシーニ)はオーストリア軍の陣内で将軍(R・スタイガー)を捕虜にした。このオーストリア軍の将校は、自分の陣内だから釈放したほうが身のためだと言ったが、タラスコーニは承知しない。何故なら敵の将軍を捕えれば一〇〇〇リラの賞金、一ヵ月の休暇、金の勲章がもらえるからである。イタリア軍の陣地に向って二人の奇妙な旅が始まった。途中土地の娘アダ(V・リージ)と知りあい、賞金山わけの約束で、より奇妙な三人の旅が続けられた。途中アダはタラスコーニをだまし賞金一人占めを狙った。成功したかに見えたが、すぐタラスコーニが追ってきて、元のもくあみ。再び三人の旅が始まった。そして、アダとタラスコーニは次第に愛しあうようになり、将来の計画などを話しながら旅を続けた。困難な時、特に食糧が不足の時などは、アダのグラマラスな肢体が役にたった。百姓たちは、彼女の裸に見とれて馬鈴薯などをくれるのである。イタリア軍陣地が目の前に見えた頃、地雷原にぶつかった。そしてタラスコーニは吹きとばされアダも足をいためて動けなくなってしまった。助けを求めに行こうとする将軍に、アダは、そばにいてほしいと言ったが、間もなく息をひきとった。そこへイタリア兵がやってきた。将軍は、自分は、死んでいるこの二人の捕虜であったのだ、と語ったが、イタリア兵には信じられなかった。彼らは、二つの死体を運び、将軍をつれて自分たちの陣地へと、もどって行った。

作品データ

原題
The Girl and General
製作年
1967年
製作国
イタリア
配給
MGM

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?