プレイガール白書 甘い戯れ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プレイガール白書 甘い戯れ

1968年3月12日公開
  • 上映館を探す

「ベルリンからの脱走列車」のウィル・トレンパーが脚本・監督・製作を担当したドイツのプレイガールの実態を描いた作品。撮影はウルフガング・リールセとべンノ・バレンバウム、音楽は「FBIハリケーン大作戦」のピーター・トーマスが担当した。出演は「パーマー危機脱出」のエヴァ・レンツィ、「アマゾンの決闘」のハラルト・ライプニッツ、「パーマー危機脱出」のポール・ハブシュミット、「マドモアゼル」のウンベルト・オルシーニほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アレクサンドラ(E・レンジ)は、ドイツ一流のモデルであるが、大変なプレイガールで、いつも男をつれて転々と各地を遊び歩いていた。ある日、彼女はべルリンへやってきた。そしてホテルへ着くなりローマに住む若い実業家ヨアヒム(P・ハブシュミット)に電話したが、彼は居留守を使い部下のラーナー(H・ライプニツ)に彼女とデイトさせた。二人がオリンピア・スタジアムに行った時、偶然ラーナーの婚約者に出逢ってしまったが、ラーナーは、アレクサンドラを、上役の客だといって、その場をつくろった。だがその頃、ラーナーは、アレクサンドラを愛し始めていた。しかし彼女の方は、仕事でやってきたヨアヒムに会うなり、一夜をすごすような生活を変えはしなかった。ヨハヒム一人ではなく、たくさんの男がアレクサンドラの前に現われては去っていった。ラーナーと再会したのは、ベルリンのある湖畔でガーデン・パーティーが行なわれたときだった。この時から二人は、片時も離れられない仲となった。だが時がたつうちに、アレクサンドラは、この関係を惰性と感じるようになり、再びヨハヒムのところへ行った。しかし彼は、アレクサンドラに、君が本当に愛しているのは、ラーナーだけと、さとすのだった。

作品データ

原題
Playgirl
製作年
1967年
製作国
ドイツ
配給
20世紀フォックス

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?