映画-Movie Walker > 作品を探す > 奇襲戦隊

J・P・シャブロルの小説を「七人目にかける男」のコスタ・ガブラスが脚色・監督した戦争アクションもの。撮影はジャン・トゥルニエ、音楽はミシェル・マーニュが担当している。出演は、「昼顔」のミシェル・ピッコリ、「ロシュフォールの恋人たち」のジャック・ペラン、「まぼろしの市街戦」のジャン・クロード・ブリアリ、「汚れた英雄」のジェラール・ブラン、「ダンケルク」のフランソワ・ペリエ、ブリュノ・クレメール、シャルル・ヴァネルなど。製作はレイモン・フレーメンとハリー・サルツマン。テクニカラー、テクニスコープ。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

フランス全土がナチス・ドイツによって占領されていた第二世界大戦中、カザル(B・クレメール)、ジャン(J・C・ブリアリ)、トーマ(G・ブラン)などをリーダーとし、神出鬼没の活躍ぶりでヒットラーの軍隊にさえも勇名をとどろかせていたレジスタンスの遊撃隊があった。ある日、遊撃隊は同胞たちの捕えられている収容所をおそい、死刑直前の十二人の愛国者を救い出したのだが、救い出したあとで数えてみると、十二人のつもりが、実際は十三人おり、しかもこの十三人目の男(M・ピッコリ)というのが名前も正体もわからぬという謎の人物だった。今さら無情に収容所に追い返えすこともできないし、それに非常の時でもあるので身元調査を一応おあずけにして、一行ははみだした男を引き連れたまま脱出行を続けた。しかし、ただでさえ疑惑と不安にさいなまれがちな道中である。あるいはこの男は、ドイツ側のスパイかもしれないという疑いもでて、人々の心は動揺し、情無用のインスタント処刑を要求する声さえとび出した。やがて本部からの連絡が入り、男は軍事にはまったく関係のない、平凡な罪で収容所に、放りこまれていただけで、スパイでも何でもないということが判明した。だが、遊撃隊の機密漏れを未然に防ぐためという理由で、男の処刑が決定し、その射殺の役目をトーマがおおせつかった。しかし、トーマはどうしても殺すことができずに、どたん場で男を逃がしてやった。ところがどうしたことか、男は再び帰って来た。そして結局メンバーの一員として働くことになった。だがこの男が一行の命とりとなってしまったのである。敵の襲撃のまっさい中に、男は自分たちのしかけた罠におち、大声をあげ、それが味方の不利となり、同士は次々と捕えられ、殺されていった。そして皮肉にも、死をまぬがれたのは、この男ただ一人だった。彼は英雄的な死という悲劇からもはみ出してしまったのである。悲しみとも喜びともつかない表情で、男は行く先も知らず、ひとり孤独な脱走の旅をつづけて行った。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Un homme de trop
製作年 1967年
製作国 フランス イタリア
配給 ユナイト
上映時間 116
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 奇襲戦隊