皆殺し無頼|MOVIE WALKER PRESS
MENU

皆殺し無頼

1967年10月27日公開
  • 上映館を探す

ロモロ・グエリエリ、「殺し屋がやって来た」のジョヴァンニ・シモネリ、フェルナンド・ディ・レオの三人が共同で脚本を書き、ロモロ・グエリエリが監督したイタリア西部劇。撮影は「殺し屋がやって来た」のマリオ・カプリオッティ、音楽はノラ・オルランディが担当した。出演は「リンゴ・キッド」のマーク・ダモン、ローレンス・ドブキン、ロザルバ・ネリ、ルイジ・ヴァンヌッキほか。イーストマンカラー、デルタビジョン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

財産家の牧場主トマス・フェルトンが死んだ。彼の遺産を狙った若く美しい妻サマンタ(R・ネリ)が召使いの男に殺されたのだった。しかしフェルトンはサマンタを信用していなかったので遺言状を隠し、遺産の受取り人を旅に出たまま帰らない甥のジョニー・ユーマ(M・ダモン)にしておいた。そこでサマンタは、まずかつての愛人カラディン(L・ドブキン)に召使いの男を殺させ、そして彼にジョニー殺害を頼んだ。カラディンの拳銃の腕が、サマンタの兄ペドロ(L・ヴァンヌッキ)、やその無頼の手下よりもはるかに頼りになることを、サマンタはよく知っていたからだ。ある町で、ジョニーはカラディンが叔父を殺した男の死体とひきかえに賞金を受取るところを目撃して、叔父の死に疑問を持った。ジョニーはことの真相を探るためサマンタに雇われて牧場に出かけて行くカラディンの先まわりをして、カラディンと名のって町へ入った。しかし真相をつかめないままにニセ者だと見破られ、ペドロたちによって残忍なリンチを受けた。だがジョニーは隙を見て脱出し、かつて無法者たちの手から助けたことのある少年の家にかくれた。サマンタはカラディンのニセ者がジョニーであることを知り、必死にその行方を追求させた。そんな中をジョニーはサマンタの家に忍び込み、叔父の遺言状を探しあてた。その頃ジョニーをかくまった少年がペドロたちの手でむごたらしく殺された。これ以上悪党どもを生かしておくわけにはいかないと、ジョニーはカラディンとの決闘を受けて立った。その直前、二人はペドロ一味に包囲され攻撃された。サマンタのあまりのきたなさに怒ったカラディンは、ジョニーと協力して一味を皆殺しにした。サマンタはカラディンに約束した報酬をけり、卑劣にも彼を射って逃げた。ジョニーは砂漠で数日後、渇きのために死んでいるサマンタを発見した。死の間際に射ったカラディンの銃弾は、サマンタの数個の水筒に悉く穴をあけていた。

作品データ

原題
Johnny Yuma
製作年
1966年
製作国
イタリア
配給
日本ヘラルド映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?