5匹の用心棒|MOVIE WALKER PRESS
MENU

5匹の用心棒

1967年8月5日公開
  • 上映館を探す

スタッフ陣はすべて新人で、脚本はアルド・フロリオ、アルフォンソ・バルカザール、ホセ・アントニオ・デ・ラ・トーマの三人が共同で執筆し、アルド・フロリオが監督したイタリア製西部劇。撮影はビクター・モンリール、音楽はフランコ・サリーナが担当した。出演は「西部を股にかける女」のガイ・マディソン、マヌエル・マルティン、ジョヴァンニ・チアンフリグリア、ヴィダル・モリーナ、ワシリー・カラメシニス、モニカ・ランドールほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ国境に近いメキシコの寒村は、暴力をほしいままにしているゴンザレス三兄弟に支配されていた。そこへ住みつき、三兄弟の従妹にあたる美しいロザリア(M・ランダル)と結婚したアメリカ人がいたが、三兄弟のために殺されてしまった。ロザリアは兄弟たちにはずかしめられ、一人息子は奪われた。それから三年たった。テキサス州のある町の酒場で働くロザリアは、たまたまこの町へ集まってきた五人の男たちに事情を語り、ゴンザレス兄弟への復讐を頼んだ。彼らは快くひき受けてくれた。ジョン(G・マディスン)、ラモン(M・マルティン)、ヘズス(G・チアンフリリア)、アラン(V・モリーナ)、ダン(V・カラメシニス)の五人の用心棒は村に向けて出発した。一方、これを知ったゴンザレス兄弟は、殺し屋のマタンザに多額の金を払って、彼らの処分を頼みこんだ。ロザリアたち一行は、大勢の手下を従えたマタンザの前に、別行動をとっていたヘズスを除いて全員、生けどりにされてしまった。そして強烈な太陽の照りつける渓谷の地面にしばりつけられ、日射病によるなぶり殺しにあう破目になった。だがヘズスが見張り番を倒して彼らの危機を救った。村の中央の大通りが決戦の場だった。三対三の対決はジョンらの勝利に終ったが、倒されたのはゴンザレス三兄弟ではなく替玉だった。突如四方八方から拳銃が火を吹き、激しい射ちあいが展開された。最後に残ったのはゴンザレス三兄弟だけとなった。ウィンチェスター銃に身をかためた三兄弟がジョンとアランに迫って来た。だが、敏しょうに動いたジョンとアランはゴンザレス三兄弟を問題としなかった。こうしてロザリアは、たくましい五人の用心棒の力を借りて、夫のかたきをとり、一人息子を三年ぶりで、かたく抱きしめるのだった。

作品データ

原題
Five Giants from Texas
製作年
1966年
製作国
イタリア
配給
東和

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.5
  • 晴耕雨読

    3
    2009/7/30

     ご存知東和映画配給によるイタリアン・ウェスタン「用心棒・シリーズ」第5作目の作品であり、映画公開に合わせて漫画も発行されましたがメジャーな俳優は登場しません。舞台はイタリアン・ウェスタンお馴染みのアメリカ・メキシコの国境付近であり、ストーリーテリングもゴンザレス三兄弟という悪党に牛耳られているメキシコの片田舎で、レイプされた上に、アメリカ人の夫を殺害され、子供を拉致されたヒロインが、アメリカへ入国して、五人の用心棒を雇って、子供の奪還と仕返しを願い出る復讐譚です。

     五人の用心棒に扮する俳優は無名ですが、ドラマは結構見応えがあります。彼らはヒロインの申し出を快諾して、メキシコ土賊が住む辺境の村に向かって出発します。彼らの目的を知ったゴンザレス三兄弟は、殺し屋を雇って迎撃しますが、ここも元祖「用心棒」のように、序盤戦では主人公たちが徹底的に痛めつけられてしまうのです。ここはイタリアン・ウェスタンの真骨頂であり、今回の直射日光よる拷問は「続・夕陽のガンマン/地獄の決闘」よりも凄絶です。しかし間一髪で別動隊の一人に助けられて、クライマックスの寒村の中央の大通りでのガンファイトに臨みます。本編では「荒野の用心棒」ではジャン・マリア・ボロンテ扮する悪党が拳銃よりライフルの方が強いと語ったセリフが強調されて描かれていますが、それに対するヘッドワークとフットワークが決戦でのコアになっていますし、どんでん返しの決闘も結構楽しめました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告