077連続危機|MOVIE WALKER PRESS
MENU

077連続危機

1967年7月6日公開
  • 上映館を探す

アルパド・ド・リソ、ニコ・スコラロ、サンドロ・コンティネンツァ、レオナルド・マルティンの共同になる原作・脚色を「007地獄のカクテル」のテレンス・ハサウエィが監督したスパイ・アクション。撮影はコンビのホアン・フリオ・バエナ、音楽はピエロ・ピッチオーニが担当した。出演は「007地獄のカクテル」のケン・クラーク、マーガレット・リー、フィリッペ・ヘルセント、フェルナンド・サンチョほか。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

休暇を楽しんでいたCIAの秘密諜報部員マロイ(K・クラーク)は、部長のヘストン(H・ヘルセント)から、物理学者のクルツ教授が、ブラック・リリ一団に誘拐されたらしいからすぐ帰るようにとの電話をうけた。教授は、自分が発見した新放射線の研究資料が狙われているのを知って、それをバーマンという男に預け、半分にした銀貨の一片を友人のプレンジャーに渡し、もしもの時はプレンジャーに受け取りに行くようにとたのんでいた。そのプレンジャーから連絡があったのである。指定された場所にマロイは出かけたが、話す間もなくプレンジャーは、尾行してきた男に殺害されてしまった。マロイはすかさずポケットから半片の銀貨を取り、すぐにバーマンを訪れ、研究資料を手に入れた。が、ブラック・リリー団の追跡をうけ、近くにあった競売用の小物入れの中に隠した。その夜、マロイは、小物入れを競売でおとしたドロレスという女の家に侵入したが、研究資料はすでにドロレスの手中にあった。そこで再びブラック・リリー団に襲われたマロイは、導かれるままドロレスの別荘に逃げのび、共に一夜を明かした。翌朝、またやって来たブラック・リリー団にマロイはあらかじめ用意した偽物を渡し、本物はアメリカ本国に送った。一方、監禁されたクルツ教授は、娘ロミーの命をたてに、どんな物体をも抹殺してしまうという、おそるべき電子銃の製作を強要されていた。探りに行きつかまった女諜報部員エヴェリン(M・リー)を追って、マロイはブラック・リリーの本部に侵入し、隠し持った通信機でCIA本部に連絡した。その時、電子銃をソ連に持ち去ろうとするロミーの婚約者のボリスたちが押し入って来た。すきをみてボリスを倒す。ボスは逃げるが、マロイのめざましい活躍により、撲滅されてしまった。

作品データ

原題
Agent 077, Fury on the Bospherus
製作年
1966年
製作国
イタリア フランス
配給
NIC

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?