夕陽のガンマン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

夕陽のガンマン

1967年1月20日公開,132分
  • 上映館を探す

セルジオ・レオーネとフルヴィオ・モルセッラのストーリーをルチアーノ・ヴィンセンツォーニとセルジオ・レオーネが脚色、レオーネが「荒野の用心棒」(この時はボブ・ロバートソンというアメリカ名を使用)についで発表した製作・監督の西部劇アクション。撮影はマッシモ・ダラマーノ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当した。出演クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテほか。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マンゴー(C・イーストウッド)は若い男で激しい性格、物事はすばやく片づけるのが得意だ。もう一人、大佐(L・V・クリーフ)と呼ばれる男は初老で、身のこなしも上品、冷静に計算してから仕事を片づける。この二人お互いに相手を知らなかったが、共通の目的はインディオ(G・M・ポロンテ)と呼ばれる凶悪な殺人鬼を探し、殺すことだった。賞金は二万ドル。マンゴーと大佐の出会いは、お互いの不信から決闘寸前にまでいったが、血を見ずに終り、共通の目的を果たすために手を結んだ。もちろん賞金は山分け、ということで……。このときインディオは牢獄を脱走し、仲間と一緒にエル・パソの銀行を襲撃する計画を練っていた。これを知った二人は、一人がインディオの仲間に潜入し、手引きをした末に彼を殺すことに決める。そしてマンゴーが潜入する役を引きうけることになった。銀行襲撃の日、インディオ一味に加わったマンゴーは内部から、大佐は外からインディオを倒す手はずを整えた。ところが素早いインディオの動きのため、計画は失敗。舞台はメキシコ領の小さな村に移された。ここで略奪品に手を出したマンゴーと大佐は、インディオの手下に捕えられてしまった。だが二人を助けて自分の手下を殺させ、その上で二人を殺そうというのがインディオの考えだった。結果、二人の銃弾に手下は皆殺しになるが、大佐はインディオの銃の前に立たされてしまった。懐中時計のオルゴールが鳴りやめば大佐の命は消える。このときマンゴーが現れ、彼の立会いの下、大佐とインディオの決闘が行なわれることに……。銃声が轟き、インディオは倒れた。復讐を遂げた大佐は、賞金の山分けを辞退した。

作品データ

原題
For a Few Dollars More
製作年
1966年
製作国
イタリア
配給
UA
上映時間
132分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2
  • Movie Walkerユーザー

    4
    2019/9/13

    俳優の説得力が段違い。ひたすら濃い濃すぎる。スクリーンから脂が滴り落ちてくるようだった。あのクラウス・キンスキーでさえも霞んじまうくらいの存在感でしかない。改めて見ると良い時代でもあったのではないかな?

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • たっかん

    3
    2017/2/18

    クリント・イーストウッドがカッコいいマカロニ・ウェスタン映画。

    セルジオ・レオーネ監督は、「WANTED」貼り紙をアップで捉えたり、ガンマンたちの顔のアップも映して、遠景との組み合わせで、なかなかイイ感じの映像になっている。

    イーストウッドの「さあ、始めようぜ(Now, we start!)」もカッコいい。

    クライマックスも男同士の友情あり、銃での決闘あり、とまずまず楽しめる娯楽作であった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ドラグナー

    5
    2015/8/9

    やっぱり西部劇は銃をバンバン撃つほうが面白い。

    イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフの超カッコイイおじさん二人が撃って撃って撃ちまくるのがたまりません。

    帽子の撃ち合いやラストの決闘がほとんどセリフなしに緊張感たっぷりに進むのが最高!

    「リオ・ブラボー」の愛すべきオッサン軍団も大好きだけど、僕は髭面の渋いアウトローコンビが一番好きかな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告