七人目にかける男|MOVIE WALKER PRESS
MENU

七人目にかける男

1966年12月17日公開
  • 上映館を探す

推理作家セバスチャン・ジャプリゾの原作を新人コスタ・ガブラスが脚色・監督したスリラー。撮影はジャン・トゥルニエ、音楽はミシェル・マーニュが担当した。出演はイヴ・モンタン、シモーヌ・シニョレの夫婦を中心に新人カトリーヌ・アレグレ、ミシェル・ピッコリ、ジャック・ペランが共演している。製作はジュリアン・ドロード。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マルセイユからパリに向かう夜行列車。乗客の一人で、就職のためパリへ行くバンビ(C・アレグレ)は、無賃乗車の青年ダニエル(J・ペラン)を助け、自分のボックスの空いた寝台へかくまってやった。六人用の寝台の一つが空いていたからだ。このボックスには彼等のほかに色情狂の女優イリアーヌ(S・シニョーレ)肥満型の中年女ジョルジェット、女好きの会社員カブール(M・ピッコリ)、トラックの運ちゃんリボラニの四人が寝台をとっていた。汽車がパリに着き、乗客が皆下車した後、ジョルジェットの死体が発見された。さっそく特捜本部が設けられて、グラジアニ警部(Y・モンタン)と新人ジャンが担当を命じられた。グラジアニは新聞で同じボックスに席をとった人達の協力を求める一方、被害者の身許を洗った。ほどなくカブールが被害者を口説き、失敗した顛末を電話でしらせてきた。しかし数時間後カブールの死体が発見された。寝台者の六人の乗客の身許が判明した。しかしながら、時を同じくしてイリアーヌとリボラニが何者かに殺害された。残るネタはバンビとダニエルしかいない。そして彼等も早晩犯人に狙われるのは目にみえている。しかしながら夜行列車の夜以来二人は同棲して住居が判明しないのだった。親に黙って同棲している二人は警察に出頭する勇気も持ち合せていなかった。捜査はすっかり暗礁に乗り上げた格好になってしまった。そして数日後、途方に暮れる警部へけたたましい電話のベルが鳴り響いた。電話の主はダニエルだった。ダニエルはふとしたことから二人の男がバンビの殺害を計画しているのを立ち聞きし、ことここに至って警察の救助を求めてきたのだ。安宿でダニエルを待つバンビのところへ魔手がのびる寸前、警部たちは漸く現場へかけつけた。情婦の財産を狙ったイリアーヌの情人、エリックが企てた完全犯罪の終末たった。すなわち無動機の殺人、動機をかくすべき無関係な人々の殺害で捜査の盲点をついたのであった。

作品データ

原題
Compartiment Tueurs
製作年
1965年
製作国
フランス
配給
タイヘイフィルム

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?