TOP > 映画作品を探す > 白夜の陰獣

ジョン・エルダーの脚本を、ドン・シャープが監督した帝政ロシア時代の怪僧ラスプーチンの物語。撮影は「凶人ドラキュラ」のマイケル・リード、音楽はドン・バンクスが担当した。出演は「凶人ドラキュラ」のコンビ、クリストファー・リーバーバラ・シェリーほか。製作はアンソニー・ネルソン・キース

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

帝政ロシア時代、ある片田舎でラスプーチン(C・リー)と名乗る怪僧が、不思議なまじないの力で瀕死の女の命を助けた。彼はこの神通力を大いに利用したいと修道院の院長に語ったが、逆に邪道と見なされ、破門されてしまった。その後ラスプーチンは首府ペテルスブルグに乗り込み、医師ツアーゴを部下にした。そして宮廷の侍女ソニア(B・シェリー)を自分のものにすると、彼女を手先に使って、皇太子に故意に傷を負わせまじないの力でなおしてみせた。この功により、皇后にとり入った彼は、政治にさえ干渉するようになり、一方、侍女たちにも次々と手を出し、そのあげくソニアをすてた。ラスプーチンの横暴を憎む、ソニアの兄ペーターとその友人のイワンは、ツアーゴの協力を得て、イワンの美しい妹バネッサをおとりにして復讐を企てた。その頃ソニアは自害していた。バネッサの魅力におびきよせられたラスプーチンは、毒酒を飲まされたが、それでは往生せず、医師ツアーゴをナイフで刺殺し、イワンに立ち向ったが、運つきて二階の窓から地面に転落して息絶えた。

作品データ

原題 Rsputin, The Mad Monk
製作年 1965年
製作国 イギリス
配給 20世紀フォックス
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 白夜の陰獣