映画-Movie Walker > 作品を探す > 銃殺(1964・イギリス)

ジェームズ・ラッスデール・ホドソンの原作を、「エヴァの匂い」のエヴァン・ジョーンズが脚色、同じく「エヴァの匂い」のジョゼフ・ロージーが監督した戦場秘話。撮影は「孤独の報酬」のデニス・クープ、音楽はラリー・アドラーが担当した。出演は「二都物語」のダーク・ボガード、「ドクトル・ジバゴ」のトム・コートネイ(六四年ヴェネチア映画祭で主演男優賞受賞)のほかに、「HELP! 四人はアイドル」のレオ・マッカーンをはじめジェームズ・ヴィリアーズピーター・コプレーなど舞台出身俳優が助演している。製作はノーマン・プリッゲンとジョゼフ・ロージー。なおこの作品は、六四年ヴェネチア映画祭サン・ジォルジオ佳作賞を受賞している。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

第一次世界大戦が三年目を迎えた一九一七年、ハンプ二等兵(T・コートネイ)は、逃亡罪による軍法会議を待つ身であった。ハンプの弁護を命じられたのは若き将校、ハーグリーブス大尉(D・ボガード)たった。彼は最初は、この弁護にあまり気乗りがしなかったが、ハンプを尋問しているうちに彼の素朴さに心をひかれ、次第にこの弁護の仕事に真の責任を感じていった。二人は、ともに三年間を最前線で過していた。ハーグリーブスは武勲に騒く優秀な将校であり、ハンプは家族のすすめで入隊した志願兵であった。激烈な砲声の下に、つぎつぎと倒れる兵士たち、そうした最前線の恐怖が、ある日ハンプを確とした理由なしに故郷に向って歩かせてしまったのである。捕ったとき彼は、砲声のショックで魂のぬけたような姿であった。野戦軍法会議検察将校は、冷酷で頭が鋭くそれでいて善意にあふれたミッジレー大尉が担当した。彼はただ真実のみを追求した。ハンプの淡々とした陳述、ハーグリーブスの情熱的な弁護、数人の証人の証言と軍法会議は進められたが、判決は被告の精神的な状態は一切ぬきにして、物的証拠により“銃殺刑”が下された。再び独房にもどされたハンプのところに、明日は最前線に行かねばならない同年兵たちが、盗んだ酒を持って集まった。酔いしれた彼らは鬼ごっこを始めた。ハンプは目かくしをして、ある男をつかまえたが、彼は従軍牧師たった。そしてハンプは、翌日銃殺刑が執行されるのを知ったのだった。雨の夜明け、刑の執行のために整列した同年兵たちの射った弾はどれもハンプに命中しなかった。そしてこの銃殺刑に終止符をうたねばならなかったのは、皮肉にも彼の弁護を担当したハーグリーブスであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 King and Country
製作年 1964年
製作国 イギリス
配給 ATG
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 銃殺(1964・イギリス)